空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

電撃WEBコミック

カテゴリ:電撃WEBコミック の記事一覧

電撃WEBコミック 12月10日更新分感想

・ギリギリアウト
黒部汐莉、ついに参戦。
ソラに興味を持ったような素振りを見せつつも、
その後ラブコメ的な音沙汰がほとんど無かったので
あらやだフラグ折れちゃったのかしら…などと気を揉んでいたのですが、
眠れる獅子がついに牙を剥いたぞ!

しかもハナさんの専売特許であるお漏らしの世界に入門してくるとか!
呪いで尿意が発生してしまうハナさんと違って、今回の黒部さんは貴重な天然もの(?)だから!
身体を震わせたり、足を何度も組み替えたりしてガマンしてる姿がウヒヒヒヒ!(醜悪な笑みを浮かべつつ)

…なんかスゴイ下品なこと書いてる気がしてきたけど、全ての咎は
こんな漫画を描いてしまったソウマトウ先生にあると思うので、
ただの一読者である俺は何も気にせず黒部さんのガーターベルトに胸を熱くしていきたい。


・ナリユキまかせの天狗道
終わってしまった……。
前回の時点でなんとなく予感していたこととはいえ、
やっぱり読み終えた後にこみ上げる寂しさだけはどうしようもない。
もっともっとこの世界に浸っていたかったなぁ…。

ただ、この最終回自体はとても気に入っていたりします。
「私…なります」あたりのシーンなんかもう、次郎さんの可愛さが天井知らず状態。
その後、成行への返答を誤魔化そうとしどろもどろするあたりも最高すぎる。
ただ俺はね、この後互いをより意識し始める2人の!これからが!!見たかったの!!!

今更言っても仕方のないことですが、もう少し販促してもらっても良かったのにと。
休刊間際の隔月刊誌 → WEBでひっそり連載 という割と日陰な扱いだったので、
どこかの雑誌なりでもうちょっとスポット当ててくれればあるいは、などと考えてしまう。
移籍して連載続けられただけでも感謝するべきなのかもしれないけれど。

とはいえまだコミックスの発売が控えているので、これで完全にお別れという訳でもなく。
発売日には次郎さんの好物であるモンブランと一緒に買ってこようかと。
スポンサーサイト

電撃WEBコミック 10月10日更新分感想

だいおうじ感想は次号とまとめて書こうかと。
来月になればもうちょい余裕が出来る(と信じたい)ので。


・ナリユキまかせの天狗道
真剣に写真選んでる次郎さんが愛らしすぎてもう。
成行は困惑してないでなんかリアクションとってあげなよ!
しかも手料理まで作ってくれるとか、幸せマキシマムすぎるだろう!!

そんな幸せ側に偏りすぎた天秤のバランスを保とうとするかのように
次郎さんのパパさんが天狗面を奪い返しに来るという急展開。

……この急展開って、もしかしなくても次回でおしまい的な流れなのでは。
話数的にも、ちょうど2巻目で収まりそうな気がするし。
どこにもそんな告知は書いていないので、俺の勘違いという可能性も大なのですが、
ここで仕切りなおして新展開ってのもちょっと考えにくいような……。

心にもやもやしたものは残るものの、何も出来る事は無いので
取り越し苦労であることを祈りつつ次回更新を待とうかと。

……終わってほしくないなぁ。いや本気で。



・ギリギリアウト(9月10日更新分)
ソラの本名、大宇宙(マクロコスモス)って…。
間違いなく最終面接で落とされるキラキラネームだ。
もうJAXAあたりを狙うしか…

ソラの家族構成や、あの変なストラップの出所など
いろいろな秘密が明かされた回なのですが、
なんだろう、割りとどうでもいいな。

いや、秘密を共有することでハナとの距離が縮まったのは良かったけどね!
お漏らしシーンはもうエロとかじゃなくて、いかにギャグっぽく描くかにシフトしてる感が。
イケメンにお姫様抱っこされながら虹を描くヒロイン、ってだけ書くとすごくロマンチックなんだけど。


そういえば、確かこの辺りにあった筈の和菓子屋さんは何処へ…
どういう事情があるにせよ、何かしらの告知は出すべきなのでは?

電撃WEBコミック 8月20日更新分感想

・ナリユキまかせの天狗道
海!すなわち水着回!
山育ちの次郎さん的に海ってどうなのかなーと思ったら、予想以上にノリノリだった。
桜火は泳げないらしいけど、次郎さんはどうなんだろう。
結局一度も泳いでるシーンはなかったし、浮き輪持参してたし。

それぞれの水着姿の素晴らしさとか乳合わせとか、見どころはたくさんあるのですが
紋花がいつも通り不遇な扱いなのが泣けてくる。

とりあえず、わざわざ着てやろうと名乗り出た紋花の好意を踏みにじった無能なスク水を許すな。
個人的にスク水は貧乳のほうが映えると固く信じているので、これは本当に許し難い。
邪魔な凹凸とは無縁のフラットラインのほうが泳ぐのには有利だろう!(多分な)

それに未開封品とはいえ、付喪神が取り付いた得体の知れない水着を
直接肌に身につけるなんて、なかなかできることじゃないというのに。
報酬目当てってのもあるんだろうけど、持ち前の面倒見の良さも発揮されてるんじゃないかなーとか思ったり。

というか、他のメンバーと比べて今回やたら紋花の水着のガードが固いのは
露出するのが好きじゃないのか、スタイルが良すぎる天狗勢に気遅れしたのかどっちなんでしょう。


・ギリギリアウト
あれ?奇数月更新のはずなのに今月も更新されてる?
待たされずに読めるのは嬉しい限りなので、読者としては何も問題はないのですが。

今回のソラは文句なしのカッコ良さだった!
読み始めた当初は「くっそ大宇宙くっそ!」などと思ってましたが、最近はなんだか素直に2人の仲を応援したいという心境に。
お姉ちゃんはお邪魔キャラかと思ったら、それなりに後押ししてくれそうな感じなのかな?

だいぶ前の話になりますが、コミック発売記念の複製色紙プレゼントキャンペーンに当選してました。
写真 1

当選者多めの景品すら余裕で外す凶運の持ち主の俺にしては、僥倖とでも言うべき当選。
「俺のパンツがギリギリセーフ大作戦」などというハイセンスすぎる宛名をハガキに書いた甲斐があったというもの。
正直、書きながら「俺、何やってるんだろう・・・」と我に返りそうになったのはここだけの話。

写真 2
『俺のぱんつが狙われていた』との合同企画ということで、ハナさんとこのみちゃんの2人が描かれてます。
アウト複製サイン色紙とセーフ複製サイン色紙、2種類あったのですが、自分が当選したのはアウト色紙のほうでした。

写真だとわかりにくいですが、アウト色紙の名にふさわしくハナさん思いっきり粗相してます。
隣のこのみちゃん(向かって右側の女の子)はパッと見マトモそうですが、嬉しそうに握りしめてるのは
好きな男の子のパンツだったりするので、ちゃんと(?)アウト色紙の名に恥じない絵柄です。
貰えたのは素直に嬉しいけど、これを部屋に飾る勇気が出ない…。

電撃WEBコミック 6月10日更新分感想

どうにかしてこの2作を電撃だいおうじ掲載に持っていけないだろうか……。
ギャグ寄りなので作風は問題無いと思うんだけど、ページ数がネックかも。


・ナリユキまかせの天狗道
三ちゃん回でもあり、ガールズ&パンツァーな回でした。
ちょっと悪い子な立ち位置でしたが、読者的にはむしろ何度お礼を言っても
足りないくらいの三ちゃんの働きっぷりに感謝せざるを得ない。

そんなことより次郎さんちゃんとパンツはいてた(今回一番衝撃的だった事)
以前はブラジャーの存在自体知らなかったようなので、やや驚き。
実ははいてないんじゃ…とか思ってたり期待シタリシテナイデスヨ?
パンツ見られたとはいえ、相手に原因がなければ見た相手に危害を加えたりしない姿勢は
是非とも世のヒロインたちにも見習ってほしい。

もう一つ意外だったのは、成行の天狗力も無尽蔵じゃないということ。
今まではピンチの際に瞬間的に使う程度だったので、こうも連続して使うこと無かったからなー。
消耗を自覚しつつも、ラッキースケベのために身体を張り続ける成行がカッコよすぎる。
男性読者以外には全く支持されないであろうカッコよさだけども。

太郎姫は聖域っぽい雰囲気があったので、サービスシーンが披露されたのはちょっと意外でした。
次郎さんと違って隙が無いから、かなり貴重なシーンかもしれない。
三ちゃんの犠牲は無駄じゃなかったぞ……安らかに眠ってほしい
そんな中せっかくパンチラ披露したのに、相場が低すぎて
成行にまったく評価されない紋花さんに誰か愛の手を…。


・ギリギリアウト(5月10日更新分)
謎のブラックホールストラップ推し。
どうでもよすぎる元ネタが明かされたりと、物語に全く関係ないのに妙に凝ってるな…。
実は今後の重要アイテムだったりするんだろうか。

前回あんなラストだったのに、意外とソラの好感度は下がって無かったという。
彼の人柄が評価されてるのかもしれないけど、クラスの女子からは
男として見られていないっぽいので、喜んでいいのかどうか微妙なラインだ…。

でもあそこで咄嗟にケーキ食べたのは素直にカッコいいと思ったよ!
ロッカー内部でハナさんのいろいろな何かと共に熟成されたケーキとか
翌日食中毒で死ぬとしてもありがたく食べるよな!(最低すぎる)

電撃WEBコミック 4月10日更新分感想

ナリユキまかせの天狗道
今回は次郎さんがずっと制服姿だったので眼福。
普段の天狗装束もいいんだけど、服装のバリエーションも増えてくれるとなお嬉しい。

・ハニーの意味を辞書で調べる次郎さん
何でそんなこと…と思ったら前回成行が抱きついてきたときのセリフだこれ!?
確かに「あとで調べてみましょう」と言っていたけど、ホントに調べるとは思わなかった…。
たぶん言った本人も忘れてると思うんだけど、どこまでも真面目というか何と言うか。
 真面目なんだけど、そこから「あいつ何言ってんだ…」じゃなくて
「もしかして(成行は)自分と結婚してると誤解してる?」とまで
発想が飛躍するのが流石というか何と言うか。

・太郎姫に相談
予想通り余計に話をややこしくするお姉ちゃん。
姉は姉でどうしてこう緩いというか適当なんだろう…。
三ちゃんの「最初に相談する相手を間違えてる」というセリフは
次郎さんにこそ言ってあげるべきだと思うんだ。

・紋花にも相談
相手は人間だし、人間社会の離婚手続きの方法を踏んでおきたい次郎さん。
説明不足すぎてそりゃ紋花も困惑するわなぁ…。
そしてその説明不足が新たな誤解の連鎖を生むという。

・桜火に相談(成行が)
前々回までは桜火のことあんなに警戒してたのに…。
でも次郎さんの人妻天狗問題が最優先なのでそれどころじゃなぇ!

・おっぱいはありがとう!
うむ、お礼は大事だよね。
3揉みくらいしておきたいって気持ちは痛いほど理解できるので責められない。
古来よりおっぱいは男をダメにするクッションと云われてるから…

桜火は「惚れた」発言から少しはデレてきたなと思ったのに
惚れてても惚れてなくても、どちらにせよ最終的には襲いかかってくるという理不尽さ。

・あなたは私と結婚してるんでしょう?
この一連のくだりの次郎さんが超絶かわいい。
そりゃ成行もここで誤解を解くとか出来るわけねぇ!!
今は嘘でもこれから真実にしていけばいいんじゃないでしょうか次郎さん。


●かのこ模様
チロル参戦。
かのこ一人だと兄さんに太刀打ちできなそうだしな…。
というか兄さん、かのこ堂に着くまで何ヶ月かかってるんだろう。