空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

買った漫画感想

カテゴリ:買った漫画感想 の記事一覧

『コミック版 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンVII 』購入

IMG_2619.jpg
わーい久々にシャミーユ様が表紙ヴォ゙ア゙ア゙ア゙ア゙アア゙!!
(帯を外した瞬間に理性蒸発)



FullSizeRender.jpg
……これは、このシャミーユ様は危険すぎる。
憂いを帯びた表情だけでも卒倒しそうなほど麗しいのに、加えてブーツを脱がせて
高貴なおみ足を披露という凶悪すぎる一手をっ・・・!!しかも靴下は履いたままという悪魔的発想っ・・・!!

いろんな意味で破壊力が高すぎて、あらためてイラストレイテッド・バイ・川上泰樹先生の恐ろしさを目の当たりにしました。
まあ、残念ながら今巻もあんまり出番ないんですけどシャミーユ様。

前置きが長くなりましたが、今回もハードな内容でした。
何の益もない反乱鎮圧から休む間もなく、迫りくるアルテラ軍を食い止める
殿軍という過酷な任務を引き受けたイクタ達騎士団の面々。
たしかに状況は最悪だけど、少数とはいえ一軍をある程度自由に
使えるようになったんだし、枷が無くなりいよいよイッくん本領発揮?

……なんて上手くいく筈もなく、前巻で思わせぶりな登場をした
『不眠の輝将』ことジャン・アルキネクスが立ちはだかるという流れに。

異名からしてイクタのライバルキャラっぽいジャンですが、
若干喋り方が気に障るかな……、いつもドヤ顔してるし。
キャラとしては好きだけど、一緒の職場にいたらちょっとイヤかもしれない。
あ、でも眼鏡の副官さん(ミアラ)とはぜひご一緒したいです!

一方の味方サイドも、前回イクタの身を挺した謝罪でシナーク族との
共闘の約束を取り付けた訳ですが、もちろん部隊全員がそう簡単に
「よし、今から仲間だぜ」などと納得するはずもなく。

抱えた不満を爆発させたスーヤを「軍人失格」となじるのは簡単ですが、
まだ経験も浅く、まして戦続きの極限状況という精神状態では無理もないだろうと。
まだ若いし、そう簡単には割り切れない筈。

ただそれはイクタやヤトリにも言えることで、どれだけ天賦の才能や適正に恵まれ
それに見合う努力や経験を重ねているとしても、だから何があっても平気だし
この先もずっと大丈夫、だなんてことは絶対に言えないわけで。
2人の活躍を見ていると、カッコいいなぁという憧れの気持ちとともに、
抱えつつあるものの重さを思って、痛ましく思う気持ちも同時に沸き起こったりします。

イクタとヤトリが背中合わせに座るシーンが多いのは、背中を預ける信頼が第一でしょうけど
一人じゃとても立っていられないような状態で身を寄せ合っているようにも見えてしまったり。

ジャンとの戦を紙一重の交渉で切り抜けた後は、慰安も兼ねた楽しい酒盛り、
……の前にサフィーダ中将のジャッジメントタイム。ケジメ軍法会議で銃殺刑コースへ一直線。
愚の骨頂としか言いようのない大失態なので、当然の落とし前なのですが、
死にたくないと狼狽えるサフィーダをアクビしながら見送る主人公ってのもスゴい。
好感度を気にしてキレイ事を吐かせたり、沈痛な表情をさせないってのは、今日日なかなか勇気のいる描写だなぁと。


そして月日は流れ三年後、いろいろあって偉くなったシャミーユ様のもとに
いろいろあって大変だったイクタ・ソロークが舞い戻るのでした。


コミック版 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 完



……って、ここで終わりぃ――――っっ!!??
いやいやいや、いよいよライバルキャラも参戦で、こっからさらにギア上げて
物語が加速していく頃合いじゃん!?マシューもハロも見せ場はこれからじゃん!?
この結末はあまりに残酷過ぎる!

正直、読んでて「今巻やたら駆け足だな」とは思ったけど、うあーマジかー。
下衆の勘繰りを承知で言えば、KADOKAWAとしては、
「じゃ、アニメも終わったし、一応のブームはここまでということで」的な判断なのかな。

まぁ別に原作完結まで連載しますと約束された訳でもないし、それこそ
「超」がつくような人気作を除けば、大体は途中で終わるのがコミカライズの宿命ですが、
自分の知る限りでは評判も上々ですし、ここで終わるのはあまりに惜しすぎる。

原作は続いてるんだし別にいいじゃん、と言われてしまえばそれまでなのですが、
ただの原作ダイジェストではなく、元の作品をリスペクトしつつ、
漫画としての表現で勝負してやる、という気概も感じさせた良作だったのでお別れが辛い。
願わくば川上先生の手で描かれた騎士団の活躍を、読者としてももっと見たかったなぁと、大きすぎる心残りが。
スポンサーサイト

『コミック版 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンVI 』購入

IMG_2227.jpg

―――――以下、主観的な5巻のあらすじ―――――

俺「えっ 5巻では新キャラのカンナさんにスポット当ててくれるのか!!」
宇野先生「ああ…しっかり読め」
川上先生「おかわり(店舗特典)もいいぞ!」

俺「………(皿を持って警戒するような目で見上げる)」
宇野先生「遠慮するな 今までのキャラ同様に愛してやれ…」
俺「 うめ うめ (カンナさん、なんて聡明で可愛らしいキャラなんだ…
  幸薄い人生だったけど、その負債はこれからの人生で取り戻していけばいいさ!)」

宇野&川上両先生(ガスマスク装着済)「「ただ今より第6巻の発売を開始する!!」」

―――――あらすじ終了―――――


まさか死ぬとはな……うぅ、カンナさん。
チクショウなにも殺すこたぁないじゃないかよぉ!
これから、これから彼女の人生の巻き返しが始まるはずだったのに!
せっかくイクタとのフラグもほんのりと立ってたというのに!!

いやもう死なすには色んな意味で惜しすぎなキャラじゃないですかカンナさん。
彼女自身の魅力は勿論ながら、イクタより年上だけど妹弟子という
特異なポジションを利用すれば、ラブコメ戦線のダークホースとして
十分活躍できるくらいのポテンシャルを感じさせたのに……

そういう漫画じゃないだろって話ですが、そういう漫画じゃないからこそ
身勝手なラブコメ妄想が捗るんじゃないか!Ⅳ巻の第十七章とか全コマ可愛いからなカンナさん!

まぁ正直に白状すれば、5巻の時点でイヤな予感はしていたので、
それなりの覚悟は出来ていたのですが、まさか到着が間に合わずに
(結果的に)見殺しにせざるを得なかった、という結末は予想外でした。

ギリギリ間に合わなかったとか、間に合ったけど予想外の事故で落命とか、
そういうドラマチックな演出も無く、辿り着いた時には既に死んでいたという無情な結末。
スゴいというかムゴいと言うか、読者を甘やかす気ゼロなストロングスタイルだなぁと。

ムゴいと言えばディンクーンの退場も予想外すぎて。
お前そんなHP高そうなガタイなのに一撃で死ぬのかよ!?と素で驚いてしまったり。
彼の名誉のためにフォローするなら、まっとうな剣士相手なら引けは取らなかっただろうけど
アサシンっぽい搦手の剣技に対応する術を持っていなかったのかなと。
誰かを守ってカッコよく散るとかそういう見せ場すら与えられずになぁ……

そして何よりやるせないのが、これだけの犠牲を払っても何も得るものはないどころか
さらなる災厄が休む間もなく訪れるという容赦の無さ。
爽快な読後感なんてものとは無縁な作品になってきましたが、萎えるどころか
「いいぜ、もっと来いよ!」と不思議な闘志が湧いてきたりして。

『コミック版 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 5 』購入

IMG_1980.jpg
カンナさん、再婚相手として俺を検討してみてはいかがでしょうか。
山ほど、とはいかずとも本もそれなりにありますよ?(9割5分くらい漫画)

という訳で、前巻から登場したカンナさんにすっかり心奪われている訳ですが、
そのせいで戦場で為す術無く翻弄されてる彼女の姿を見てるのがとても辛いのです。

事情はどうあれ自分で志願した道だとは理解してるし、聡明な子なので今のところそれなりに
立ち回れてはいるけれど、正直めちゃくちゃイヤな予感しかしない……助けてイッくん!わりとマジで!

ただイクタはイクタで下級士官という身分の悲しさか、眼の前の戦闘はどうにかできても
全体の局面や趨勢を左右できる立場ではないのが辛いところ。
ヤトリやトルウェイのようなチート級に頼れまくりな仲間が居るのになー。もどかしい。

そんな才人ばかりに囲まれ、我が身の非才を嘆くマシューにはやっぱり感情移入してしまう。
敵の女の子を撃てずに見逃そうとした場面では「だよな、撃てないよな…」と共感してしまった。
そしてその直後のいろんな意味で容赦のない展開に絶句。流石と言うか何と言うか。

いろいろハードな展開を迎えつつ、だからこその面白さも兼ね備えた巻でしたが
唯一にして最大の不満はシャミーユ様の出番が冒頭30P足らずで終了したことですかね。

いや、居たところで何が出来る訳でも無いだろうから当然なんだけどっ!
前みたいに誘拐されたりしたらそれこそ「何度目だよ(笑)」って話だし!
わかってますよ?わかってますけどね?
でもね、無念の涙を流してる読者もいると思うんですよ!具体的にはここに一人!

そんなどうしようもない萌豚の需要を先読みしてか、あとがきページだけでなく
カバー下にもシャミーユ様を起用してくださる川上先生の完璧な采配っぷり。
この温情に応えるべく、しっかり姫様分を補充しておかねば。
多分この戦闘が終わるまで出番無さそうだし…

『あんハピ♪ 6 』購入

IMG_1939.jpg
表紙は期待のニューフェイスこと、狭山椿ちゃん。
ここへきての表紙起用は順当なところだと思いますが、
他人の視線が怖い、という彼女が店頭で不特定多数の男達の視線
晒されてるかと思うと、ちょっとゾクゾクくるものが(鬼畜)

何故いままで授業に出席していなかったのか?一学期はどう過ごしていたのか?
そして彼女が抱える不幸とは、というようなことが一気に明かされる巻になっています。

今回のことがきっかけで、はなこ達と友達になれるかと思いきや、まだまだ時間はかかりそうな様子。
基本は軽いノリだけど、そうそう何もかも安易に上手くはいかないという、この作品らしい展開だなぁと。

とはいえ幸福クラスは基本的にモブも含めて気のいい子ばかりな印象を受けるので
椿ちゃん自身が内面の問題を克服できれば、ちゃんと馴染めるとは思うのですが。

とりあえず人懐っこいはなこや、お姉さん気質のヒバリは問題なさそう。
ぼたんはあの自虐トークを受け流す術さえ身につければ大丈夫かと。
レンは自分からグイグイくるタイプではないけど、それが逆に椿ちゃんみたいな子には付き合いやすいのかも。

響は、その……どうなんだろう
いつもの口調で突っかかっていった時に、椿ちゃんがどう対応するかがイマイチ想像できない。
響のほうは意外と昔の自分を思い出したりするんじゃないかとか思うのですが、うぅむ。
まぁその辺どうなるかっていうことも含めて、ひとまず今後の楽しみということで。

椿ちゃんだけでなく、メインの5人もそれぞれ見せ場たっぷりな感じ。
はなこは天使っぷりが極まりすぎてもう女神を名乗ってほしいレベルですし、
ヒバリは前巻から引きずっていた悩みに、おぼろげながら光が見えてきた様子。
響とレンに至っては、読んでて頬のニヤリングが止まらなくなるレベルのデート回が収録されています。

これらも言うまでもなく素晴らしいのですが、やはり自分としては
一番好きなキャラであるぼたんの描写が印象に残りました。
IMG_1943.jpg
言うまでもなく特典はメロンブックスで。

ぼたんの主役回である40話では、少しだけ触れられた彼女の過去や、
はなことヒバリに対する思い、未来の自分への決意など、久米川牡丹という
女の子の芯の部分に触れられている傑作回なので、ぼたんスキーは是が非でも読むべし。

あと38話で披露された下着姿も嬉しい。
下着姿は1巻の店舗特典で一度だけありましたが、まさか本編で見られるなんて……
琴慈先生からのご祝儀だと勝手に思っておきます。


そういえば今回で一通りヒロインの表紙起用は一巡した訳ですが、次巻の表紙は一体誰になるんでしょう?
自分の予想としては、

◎ コンビもしくはトリオでの起用
◯ もう一回はなこからスタート
△ まだ見ぬ新キャラとか?
▲ 小平先生


順番的には小平先生あたりでも全然おかしくないのですが、
まぁその、年齢の壁とか、そういうのが…ねぇ?(発言直後に謎の暗黒騎士に細切れにされる)

でも真面目な話、小平先生って意外と需要あるんじゃないかと思ってるんですよ。
単純に美人でスタイルがいいっていうルックス面の魅力は当然として、
常時笑顔で穏やかそうな空気を出しつつも、時折見せる強キャラへの豹変という面白要素とか。
そしてそんな二面性を見せつつ、どこか可愛らしい印象を与えてくれるという隙の無さ。
何だこの人、無敵か。

とはいえ、今巻で連載分のストックは全て使い切ってしまったので
(いわゆる、この続きが次号のきららフォワードで読める!状態)
誰が表紙だろうと7巻の発売はだいぶ先になりそうですけども。



ここからコミックスとは関係ない余談。
みんなのくじの『ふびんな日常ドラマCD』の感想をちょっとだけ。
IMG_1940.jpg

アイドルっぽいジャケット通り、Happy Cloverの結成秘話
……ではなく、はなこが道でスカウトされたのをきっかけに
もしも自分がアイドルになったら、という妄想を5人で語り合う話です。

入手するのは少々手間ですし、収録時間も10分足らずと特に長くもないので、
気軽にオススメしづらい品ではありますが、愉快な内容なので機会があれば是非とも。

詳細な内容には触れませんが、ヒバリが恥ずかしがりつつも
満更でもなさそうなのが個人的にけっこうツボでした。

「ありをりヒバリ、いま来たり♪」

お前は何を言ってるんだ。
これが聴けただけでも手に入れた甲斐はあったよ……

『あんハピ♪アンソロジーコミック 吉』 購入

IMG_1823.jpg

アニメ放送中のあんハピ♪アンソロ。
本編の世界観を大事にされてる方や、自分色を強く出してる方など
作風はさまざまですが、どれもステキに問題なく楽しめました。


・7組とおみくじ マツダセイチ
幸福クラスのみんなで大吉おみくじを引こう、的なお話。
原作準拠だからちゃんと男子生徒もいるぞ!
なんとなく、ヒバリのはなこ大好きっぷりがクローズアップされてる感。
もしもはなこを泣かせたりしようものなら、泣こうが土下座しようが
そもそも対話すら不可能なレベルで激怒しそうな気がするよねヒバリさん。


・私の女神様 霜月絹鯊
ぼたんに憧れる他クラスの女の子、的なお話。
ぱっと見だと、スタイルも良くて気品があるお嬢様なので、同性でも憧れる気持ちはよく分かる。
原作の初登場のシーンも、理知的な美少女オーラがハンパないですし(なお2コマ目以降)

こういう、はなこ達を他者の視点から見た話って、実は密かに読んでみたいなーと思っていたんですよね。
まどかとかアルドノアみたいに、他の幸福クラスの生徒のスピンオフとかでないもんかしら。


・ヒバリの写真奮闘記 もすこ
大好きなあの人の写真を撮ろう、的なお話。
ぼたんがツッコむシーンって何気に貴重かもしれない。


・見返しの代償 ちろり
響ちゃんの奇策でレンの好感度を上げよう、的なお話。
はなこの不運を計算に入れて立ち回ろうとか、孔明でも即座に諦めるレベルの無謀な策だよ響ちゃん…


・はなこの幸運な日 真昼てく
3人で移動動物園に行こう、的なお話
この方法ならはなこも動物に接することが出来るのでは!?
と思ったけど、一時しのぎにしかならないので根本的な解決にはならないわなー。


・ハッピーをねらえ 八色
体育クラスとテニスをしよう、的なお話。
危なくないスポーツを選ぶというなら、テニスとか論外だと思うのですが、
そんな理屈は3人のテニスウェア姿が拝めるという現実の前にはつまらぬこと甚だしい。
卓球とか選ばれても絵的に地味だしね…


・もふもふ大作戦! 井藤ななみ
レンとはなこ、2人で猫路地に行こう、的なお話。
対照的なようで妙に噛み合う2人なので、これはこれで大いなる可能性を秘めたコンビかも。
レンに協力してもらえば動物にも触れるし、はなこははなこで何気に相手の心の機微を察することが出来る子だし。


・彼女の勝負はいつだって 高野いつき
手料理でレンのハートをゲットしたい響ちゃん、的なお話。
お話としてはこれが一番好きかもしれない。
ヒバリと響の絡みが多いってのも個人的な評価ポイントではありますが、
何よりレンに喜んでもらえてご満悦な響ちゃんの笑顔が眩しすぎて可愛すぎてもう。


・妄想親方日記 プレジ和尚
ヒバリの大好きなあの人の側で働けたら、的なお話。
妄想の中でぐらい幸せになっていいんだよヒバリちゃん。
根が真面目なせいか妙にリアリティのある妄想を…


・王子様を君に らり
レンの女難体質を解決するには? 的なお話。
イケレンとそれに翻弄される響ちゃんの赤面が思う存分堪能できるので、
この2人が好きなら必ず読むんだよ!


・ドキドキ分大旋風 焔すばる
大雨で帰れないから学校に泊まっちゃおう、的なお話。
響ちゃん、エロいことへの耐性は無いけど
内心では興味津々ってタイプだと思うんですがどうでしょう。


・たった一つの杏のやり方 宇城はやひろ
バスケのフリースローを決めよう、的なお話。
レンがメンバーにいないのは、彼女だとフツーに決めちゃいそうだからだろうか。

そして貴重な鷺宮先生の出番(表紙以来119ページぶり)
まぁ現時点でアニメにも登場してないし、1回登場しただけでも
御の字かなと、このときはそう思っていたんだ……


・手作り大作戦 はなこ
あの人に手作りお菓子の差し入れを、的なお話。
はなこ達はともかく、読んでる俺ですら途中まで
特に変だと思わなかったのは、だいぶ本編に毒されてる感がある。
お地蔵様へのお供えみたいなものだと思えば、まぁ多少はね?


・教員・鷺宮の受難 藤代百
タイトル通りのお話です(おい)
最後の最後に思いっきりイジられまくる鷺宮先生が泣けるし笑える。


・職業方向オンチ あfろ(カバー下掲載)
響ちゃんの方向音痴の秘密とは、的なお話。
突飛な発想だけど、そもそも本編でもトンデモ描写なので
意外とこの設定ってアリなんじゃ、と思えてしまう。


以上、あんハピアンソロの簡易感想でした。
ラストに琴慈先生の4コマとイラストも掲載されてますが、それは読んでのお楽しみということで。
あと個人的に気になったのは、本編と後書き一言ページにおける響率の高さ。
皆さんそんなに響ちゃんが好きですか。
ワシもじゃ、ワシもじゃみんな!!