空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

2012年07月 の記事一覧

『まんがタイムきららフォワード 2012年 09月号』購入

写真(13)

・はぢがーる
真木さんがいい子すぎて辛い。
紗江ちゃんの恋が成就してほしいとは思うものの、
それにより真木さんが悲しむ様を見たくはない俺がいる。

何が切ないって、まだ明確な決着はついてないものの
本田君の2人に対する今までのリアクションの差を鑑みるに、
ほぼ勝負が見えてるってのがもう。
部室という愛の巣でゆっくり攻め落とそうとした真木さんに対し
卵のせいとはいえ間髪入れずにいろいろ仕掛けた紗江ちゃん。
真木さんの敗因はスピードだったんだろうか・・・。

単に本田君が巨乳好きだっただけ、という可能性も否定できませんが。
今までの好青年イメージが音を立てて崩れてしまうけれど、たとえそうだとしても
同じ男として俺には彼を責める資格はないっ・・・!

それと島村君と菊花の件は自分でもビックリするぐらいショックでした。
いや、菊花さん実は一番のお気に入りだったので。
・・・うん、そういえば序盤から仲よかったもんね2人とも。
読者が紗江ちゃんの恋路に気を取られてる間に、コマ外でいろいろあったんだろうね。
気が合いそうだし、お似合いなんじゃないかなウフフフフ(壁をガンガン殴りつつ)


・がっこうぐらし!
ゆきにとっては1話で見せたような平和な日常がずっと続いてる状態なのね。
どう見ても危険な状態の生徒も、くるみの服についた血も認識できてないみたいだし。
こういう状態になったのはいつ頃からなんだろう。
2話でドア抑えてる描写からして、最初からこうだった訳でもなさげだし。


・ハームフル・ビューティフル
同級生の女の子と自宅で二人っきりで過ごす。
さらにその娘と兄妹ごっこに興じる。
こう書くといかにも甘々ラブコメちっくな展開なんだけどなぁ。

でも今回に限って言えばまっとうなラブコメマンガかも。
前回に引き続き委員長がカワイイ。
同級生との兄妹ごっこ、大いにアリだな。
できれば現役学生のうちに知りたかった。
知っていたとして、いったい誰が応じてくれるというのか

乙女度がギュンギュン上昇中の委員長の可愛さといい、その内面に踏み込みつつある
高屋の行動といい、いろんな意味でドキドキする展開。
こんだけ盛り上ってるのに次号休載ってのが悲しいですが、まぁやむなしやむなし。
どれだけ待たされてもいいから、万全の状態で挑んでほしい。