空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

2014年08月 の記事一覧

『少年シリウス 2014 10月号』購入

写真 (1)
読者ページの熱い新潟県長岡市押し。
いざとなったら長岡市限定の地方誌として生き残ろう。


・進撃の巨人 Before the fall
またしても監禁されてしまうキュクロ。
あるいは昔を思い出して「ヤッパリ地下は落ち着クナ…」とか言ってくれるかと思ったけど、
もちろんそんなことはあるはずもなかった。また殴られてるし!

ここへきての三角関係フラグはさすがに驚く。
シャルルの嫁度が高すぎて完全に忘れてたよそんな設定。


・将国のアルタイル
町長さん、妖精みたいなルックスだったのに
覚醒して武装すると、妖怪じみた感じに見えてくるな…。
ベルセルクに出てきそう。
逃げた相手を一刀で切り捨てるとか、誰にも知られないように日頃から鍛えてたんだろうな。


・サクラブリゲイド
有望なヒロイン候補が出てくるや否や、全力で狩りに来るブリキの皆さん。
若い芽は読者の支持を得る前に摘み取る!


・まがつき
おまけカバーの織姫、影のせいか病んだような表情に見えてしまう…。

せっかく神に等しい力を得たというのに、剥くだけで満足するとかこのヘタレめ!
というか仮にも高位の神様が2人もいるのに、あんなインスタントな神力に負けていいものか。


・ミガワリメーカー
自分の場合仕事以外に夢中になれるものはいっぱいあるけれど、
さすがにもっと仕事に身を入れるべきだなーとおもいました まる

楽しむ、ってことを少しだけ体感できたみたいだけど、こうやって
人間に近づく様をみるたびに、漫画版キカイダーのラストシーンが浮かんで不安になる。


・藤原伯爵の受難
新連載。
クズ娘というキャッチコピーが付けられていますが、個人的な印象としては
たしかに駄目人間ではあるけど、クズって程ではないかなーと思わないでもないような。
クズを名乗るならもっとこう、松太郎ばりに見てて胸クソ悪くなるようなレベルじゃないと。

単にかわいくておっぱい大きい女の子だから評価が甘くなってるんじゃね?
という気がしないでもないですが、その通りなので特に弁解も反論も無いのです。
と言うかこんな可愛くてスタイルもいいのに、何がどうなって自宅警備員なんかに?
学校で何かあったんだろうか?トイレに入っていたら指名なしでアイスバケツチャレンジさせられたとか…

妹の方はクズなどではなく、ただの歪んだド変態ですね。
まさか月に2度もブラジャーをクンカクンカする漫画を見ることになるなんて…。
だけれども、姉のパンツを手に取り「こうなったら…」とか言い出したのを見て、
まさか食べるのか!?という発想に至った俺に、彼女を責める資格は無いのです。

ちなみに全ページ通して一番印象に残ったのは、妹ちゃんの性的すぎる縞パン姿でした。
もしも漫画にタグが付けられるのなら「尻神様」の称号を授けたい程に。

伯爵はまぁ、餓死しない程度に頑張れとしか(動物を愛でる習慣や欲求が全く無い人)


・オパパゴト
前回ラストの探偵コスは、あくまでイメージ映像的なものだったらしく、
子供達の衣装は普通の服に戻っていたという。ちょっと残念。

……と思ったら、千賀子だけあの格好のままだった。
劇中では特に触れられてないけど、内心「何故みんな普段着に戻ってるの!?」とか思ってたりして。
何にせよ似合ってるので何も問題はないのです。

尾行の担当は涼と千賀子が春日を、鮎美、亜里亜、うさぎが紫さん担当という振り分けだったようで。
生真面目な千賀子と、余裕のある涼のコンビは見ていて楽しいなぁ。
今回描写されなかった残り3人の様子も見てみたかった。

今回の待ち合わせは春日自身の運命を左右する大事な約束だというのに、
道中あちこちで人助けしちゃうあたり、遅刻したり面倒に巻き込まれたら
どうしようとか微塵も考えずに動いちゃってるんだなと。
春日の正義感の強さとお人好しっぷりは見ていて好ましいけど、
これ本人にとって時としてマイナスに働きかねない要素だよなぁ。
現に学校では悪目立ちして生徒会長に目をつけられてる状況だし。

唯一の救いは家族の皆は呆れつつもその姿勢に賛同してくれていることかと。
ここは次回で春日と紫さんがいちゃラブなデートをして、家族の絆がより良い方向に深まればいいな。


……などと幸せな未来(と言うか願望)を思い描いて〆ようかと思ったのですが、
やはり今号ラストの忌まわしい現実から目を背ける訳にもいきますまい。

(男キャラが)いたぞおおお、いたぞおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!
(チェーンガンをバックから取り出しつつ)

1話冒頭に登場したモブチンピラがまさかの再登場。
そうかよし殺す、とばかり速やかに駆除したいところですが
不謹慎なことにちょっとだけ薄い本的な展開を期待してしまう俺がいたりする。
こういうゲスい発想が消えないから、俺は百合男子になれないんだろうな…

とはいえこんなクソモブがおいしい思いをしたり、紫さんに手で触れたりするのも癪なので、
手足は使わず目も開けずそもそも半径10メートル以内に近づかずに、どうにかしてエロい展開に持っていけ。
今月の『まがつき』をヒントにして上手くやれ。
スポンサーサイト