空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

2016年06月 の記事一覧

『まんがタイムきららフォワード 2016 8月号』購入

IMG_1961.jpg
なんというドキドキ★ビジュアル全開な表紙!!
ぼたんさんの谷間に住民票を移して永住したい……


・なでしこドレミソラ
陽夜ちゃん想像以上のお気楽突撃娘だった。
付き合わされる周囲は大変だろうけど、あの前向きなエネルギーは見てて好ましいなぁと。
「問題が浮き彫りになったなら あとは解決するだけ」って姿勢は見習っていきたい。

新キャラの眼鏡さんは実にいいおっぱ…もとい正統派な眼鏡美人ですね。
人前が苦手なら、あのウサギのぬいぐるみに入って演奏すればいいじゃない。
それなんて狭山椿ちゃん。


・双角カンケイ。
ここみさん、朝霧先輩の写真や愛用しているものを特定して同じものを
揃えまくるという、読者ドン引きなストーカーっぷりを発揮してますが、
よく考えたら好きなキャラのグッズを揃えたり、キャラが使っているものを特定して
入手したりするのって、キャラ萌えしたオタクがいの一番にやる事だよね。

なので、少なくとも俺には彼女を責めることができない…
傍から見ればかなり気味悪いだろうけど、相手に迷惑かけてないならまぁ多少はね…

……とか思っていたのにやりやがったなここみさんよぉ!
もうこれ絶対「一線を越える」気マンマンだわ!

そこにあいりが居合わせてしまった以上、もう血を見るしかないような状況ですが、
そう思わせておいて3人仲良くナニしちゃうっていう、アンハッピーよバーイバイな展開を期待したい。


・がっこうぐらし
もうやめて!りーさんのSAN値はゼロよ!
逆転の目がちっとも見えない訳ですが、どーするんだろこの状況。

というか皆あまりに可哀想すぎて、いっそのこと天之御船学園で保護してあげてほしい。
代わりにトレードで小平先生を送り込もう
先生ならゾンビだろうが武闘派だろうが、瞬きする間に制圧できる筈。


・ほおばれ!草食女子
ファッションセンス皆無な俺には、スズのクソダサっぷりを嗤う資格なんてないんだ…
あの野草へのこだわりや熱意をファッション方面に向ければ、ダサい子なんかすぐに卒業できそうな気がしますが、
情熱が行き過ぎて、聞いてもいないウンチクを語りだしたり、他人のファッションに必要以上にダメ出ししてきそう。


・硝子のピーシズ
新キャラのオデットさん、実に話が早くて好印象。
登場時は「あぁ、また問答無用系暴力ヒロインか・・・」と
ゲンナリしましたが、その後すぐに土下座を決めた挙句
お手本のような即堕ちっぷりを見せてくれては、好きになるなというのが難しい。

まだ3話目なのに掲載位置がだいぶ後ろなのが、ちと不安だなぁ…
こんなにキリコ様が表情豊かで可愛いというのに。
制服着てぴょこっと姿をあらわすコマとか最高なのに。
パズル云々の設定が取っ付きにくいんだろうか?


・ようこそ幻界集落へ!
なんて素敵な最終回。
朱音が都会でやさぐれて帰ってきたらどうしようかと…

しかしスピカちゃん、美しゅうなった喃。
もうこれはスピカさんと呼ぶべきかもしれない。


・おおきくなったら、お前をころす!
何だろう、すっげー変な漫画なんだけど
絵もシチュも含めてすっげー可愛いと言うか。
前回の読み切りもそうだけど、面白いのに
何とも言えない空気を纏っていて、コメントに困る。


・ゆるキャン△
おっ美人教師の新キャラかな、と思ったらその正体が
いつぞやの目が座ったアル中のお姉さんだったなんて……
箱じゃなくてパックで買うのは、あればあるだけ飲んでしまうからだろうなぁ。


・あんハピ♪
写生大会ではしゃぐ、はなぼたコンビの可愛さよ。
ヒバリに足りないのは美術の才能云々以前に、遊び心だと思うのですがどうでしょう。

そんなヒバリも、なんとなくチモシーの正体に気が付いたようですが、まだ確信は持てない模様。
まぁ、あのノーテンキな口調のチモシーと、引っ込み思案な椿ちゃんをイコールで結びつけるのは
無理があるっていう思考は理解できるので、この勘違いも仕方ないかと。
どう見てもラップとか歌いそうにないよね。

……いや、あのラップはあくまでアニメオリジナルだと解ってはいますが。
チモシーの防水加工の件も、設定の齟齬というよりアニメと原作は
完全にイコールの世界ではないってことの証明ではないかと。

レンが全力疾走してまで流出を防ごうとする響の絵、どんな作品だったんだろう…


アニメの方も最終回を迎えた訳ですが、最後までホントに最高だった!!


hibari.jpg


hibiki.jpg

「わかったわよ、響」
このセリフを聴いた時の自分の顔は、とても人様に見せられないくらい
緩みきった表情になっていましたとも。
どこまで喜ばせてくれれば気が済むというのかシルバーリンクめ!

最終回とはいえ、まだまだ続けられそうな終わり方ではありましたが
原作でも描かれていないヒバリと響の和解や、はなこが念願かなってチモシーを抱っこできたあたりには
アニメ作品としての一応のひと区切り、としての意味もあったんじゃないかなーと。

椿ちゃんの登場が顔見せ程度で終わったのも、二期フラグというよりは
「この続きは原作でね!」と、預かったバトンを返したような印象を受けました
まぁ俺の予想なんで間違ってる可能性が大ですが、感じ感じ。

兎にも角にも、放送中ずっと幸せな3ヶ月間でした。
原作ファンとしても文句なんて何一つない、最高のアニメ化だったと断言できます。

そして、言うまでもなく買いますよね円盤。
IMG_1954.jpg

特典CDの 『PUNCH☆MIND☆HAPPINESS』 はなこソロverの凶悪無比な可愛さ。
そら「脳が溶ける」という評価も納得なのだわ。
スポンサーサイト