空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

少年シリウス感想 > 『月刊少年シリウス 2012年 3月号』購入

『月刊少年シリウス 2012年 3月号』購入

表紙は『将国のアルタイル』。
相変わらず気合の入った衣装が表紙に映えるぜ。
確か去年の3月号もアルタイルが表紙だったような、と調べてみたらやっぱりそうだった。








・将国のアルタイル
「あの淫売は、この都よりトルキエの恋人を選んだのだ!」
人を使わず直々に殺りに行くとか、花の都の貴族さんアグレッシヴすぎる。
すぐに動かせる手駒が用意できなかったのか、あるいはこの手で殺らなきゃ気がすまねえ状態だったのか。

まぁそれが仇になって待ち伏せしてたスレイマンに一網打尽にされる訳ですが。
我らがスレイマンさん、てっきりおっぱい目当てで残ったんだと思ってたけど、もちろんそれだけじゃなかったぜ。
秘密通路の存在を知っていたのに、あえてそこで迎え撃たずに襲わせ、寝室への通行手形をゲットする。
これが・・・これがデキる男ってやつなのか・・・!

新展開に向けて、各キャラの心境や現在の状況をおさらい出来るのはありがたい。
各々いろんな思惑を抱えていて、今後の展開へのワクワクが止まらねぇ。
ただオルハンの「我々にはマフムート将軍がついています!」だけはちょっと笑ってしまったけれど。
まぁ彼が「私にお任せ下さい!」とか言ったところで、まわりが余計不安になるだけなので
あながち間違った言動とは言えなかったりするんだけど、それがまた悲しい。


・セクシャル・ハンター・ライオット
読んでる間ずっと『へうげもの』の「見難き柔肌ゆえチラと垣間見えた刹那 劣情に火が点き血汐が滾るのだ」
っていうセリフが頭の中でリフレインしてた。
こんなんじゃこの漫画の主人公じゃなくても金時が腰をあげることは無いんだぜ。

作り手も読者をマジで欲情させたい訳じゃないだろうし、このあざといエロさをノリで楽しむのが
正しい読み方なんだろうけど、なんかいまいち乗りきれねぇ・・・。


・まがつき
ひなた様がギャグヒロインとしてのポジションに定着しようとしているっ・・・!
あかん!その立ち位置はラブコメ的にはほぼ負けが確定してる危険なポジション!
コメディー部分での出番は増えるけど、代償としてラブ部分には絡みづらくなる諸刃の刃!

設定上の制約があるとはいえ、常時ヒロイン3人が一緒にいるってのは
個々の印象が薄くなるだけのような気がするので、そろそろ個別回があってもいいんじゃないかねー。


・そんな運命リテイクで!
新連載。
ということは前作の柔道漫画はいったん終了ということなのかしら。
いや、この作品のラストでヒロイン2人が柔道部に入部するというミラクルが起きるやも・・・!
そもそも通ってる学校違うけど。

主人公のまひろはカワイイなー。
髪ショートだし元気だし面倒見いいし部屋汚いし。
私生活がだらしない娘ってなんかこういいよね!
あとメンタルは弱いけど、それをカバーする立ち直りの早さも見てて面白い。

運命の傍観者って、ドモホルンリンクルの雫を見守る人並みにしんどそうな仕事だ。
一秒一秒じっと見とくねん。
一度見た番組の再放送をずっと見てるようなものだろうか。
あの呟きも気になったと言うよりは、退屈に耐えかねてのものなのかも。

そんなふうにひたすら受動的な状況だったのが、イレギュラーな要素とはいえ
そこに干渉できるらしいとわかれば、そりゃ退屈しのぎに手を出してみたくもなるわなー。
はっきりとはわからないけれど、傍観者ちゃん(仮)は観察者がどんな目にひどい目に会おうが
(最悪対象が死んでしまおうが)別に同情したり哀れんだりはしてないようで。
だとしたらまさにゲーム感覚で口出ししてるんだろうか。

ゲームと言えば、冒頭で登場したニンニンドー3DSの外観がヤバすぎる。
モバゲー全盛期のこの時代に脅威の3画面!絶対折りたためねえ!
価格改定というより投げ売りになってるんじゃないかと疑いたくなるレベル。


・まおゆう魔王勇者 外伝
ちょっと俺マフ君に笛を習ってくる!
いや今回登場した囀翼族の子が可愛すぎるので。
しかもレギュラーキャラになるっぽくてもう俺大歓喜ですよ。

そんな鳥の子を傷つけた魔道士は死をもって償うべき。
ロリキャラを傷つけることはね、この世で最も重い罪なのだよ!

相手との実力差がありすぎるからだろうけど、無表情で相手を圧倒する
女魔法使いを見てると、どうしても黄金バットを連想してしまっていけねぇ。
強い!絶対に強い!


・カタリベのりすと
クラスメイトからしてみれば秋経達が冷たく感じるだろうけど、
何度も殺されかけた方からしたら、あれでもヌルいぐらいかもしれない。

今まで以上に元の童話を話にガッチリ絡めてきたせいか、一気に読み応えが増した感が。
できればカタリベ全員にこういう話が欲しいけど、さすがに難しいかなぁ。
マイナーな童話だと、元の話を知らない人が多いだろうから余計に手間が掛かりそうだし。
偉そうなこと言いつつも、俺自身グリムとアンデルセンの区別がつかない無知野郎だったり。
詳しい人ならより楽しめるんだろうなー。


・チロリン堂の夏休み
この寒い季節にあえてスク水!夜の学校でスク水!School meet you!
ありがてぇ!ありがてぇ!

いやまぁ、劇中の季節は夏なので別に何も不自然なことは無いんだけども。
単独回が悪いって訳じゃないけれど、やっぱり4人揃ったほうがイキイキしてていいなぁ。
女の子が好きなのは言うまでも無いけど、この作品の野郎キャラは実に男の子っぽくて
良い感じなので、もうちょっと活躍してくれてもいいのよ。

この回に限らないけど、本当はエロイだのカワイイだのだけじゃなくて
チロリンが喋ってることについても何か書きたいんだけど、悲しいかな
俺には民俗学の知識が皆無だったりする。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する