空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

買った漫画感想 > 『ピコピコ少年』『ピコピコ少年TURBO』購入

『ピコピコ少年』『ピコピコ少年TURBO』購入

写真

押切蓮介先生が自身の少年時代をモチーフに描いた自伝風エッセイマンガ。
タイトル通り思いっきりゲーム漬けな日々を送っており、同じくゲーム三昧な日々を過ごした
俺にとって、ものすごく共感できる内容だった。
作者と年齢が近いこともあって、作中に登場するゲームもだいたいは知ってるし。


ゲームのやりすぎで親に電源アダプター隠されたり
ゲーセンでDQNに怯えながらも格ゲーに興じたり
ゲームがきっかけで友達と仲良くなったり、逆にそれが原因でケンカしちゃったり・・・・・・
たとえ作者と世代や環境が違っても、かつてゲームに熱中していたピコピコ少年なら、
思わず「俺にもあったよなぁこんなこと」と懐かしく思えるようなエピソードが満載。
「そんなことよりゲームしようぜ!」で万事丸く収まった少年時代が懐かしく思い出されます。




といった感じでアラアラ懐かしいわ共感できるわウフフと楽しく読んでいたのですが
主人公の神崎少年(本名らしいです)がギャルゲすなわち二次元にハマっていくくだりでは、
懐かしさと共に同じくギャルゲに浸ってた当時の痛々しい自分の黒歴史が蘇ってきて、なんともいたたまれない気分に。
思春期の男子なんてただでさえ痛々しい存在なのに、そこに二次オタ要素まで加わった日にはもう・・・。

ちなみに自分が一番ハマってたのはPS版『To Heart』
作中で神崎少年がプレイしていたPC版ではなくPS版の方。
18禁要素含めいろいろ細部が違いますが、ゲームをプレイして抱いた感想はおおむね同じです。
俺もどれだけ浩之ちゃんに憧れたことかっ・・・!!
母校の校歌のなんかメロディどころか歌詞すら思い出せないけれど、
Feeling Heartは今でもイントロ聴いただけで泣きそうになるもんなぁ・・・。


当時はそれこそ友人知人会う奴全てに『To Heart』の話をまくしたて、薦めまくっていたような記憶が。
この神ゲーを少しでも皆に布教したい!とか、ちょっと狂信的な宣教師っぷりでした。
少ない小遣いのほとんどをグッズやらアンソロ購入につぎ込んだり、それでも足りずに
友人に金を借りてまでトレカを買いあさったり・・・・・・。
このマンガの中でも、センチメンタルグラフティに入れ込むあまり、痛々しい行動を取る
中村という友人が登場してますが、俺には彼を笑う資格なんてねぇっ・・・!

今でもギャルゲ大好きの萌え豚野郎ですが、さすがに当時のような勢いはなく
口では「俺の嫁!」だの言いつつも、ある程度客観視してプレイしまうようになったので
(というか今だに出来てなかったら大人として相当ヤバいと思いますが)、
当時のように我を忘れてのめり込むようにプレイしてみたいなぁ、という思いもちょっとあったり。

・・・このマンガの感想を書くつもりが、後半ただの自分語りになってしまったけれどまあいいや。
ともすれば懐古主義とか言われそうな作品だろうけれども、TURBOのラストで作者が言ってる通り
「たまにはこうして振り返るのもいいってもんだよ」ってことで。
読み方によってはうまく己の中で温故知新を果たせるかもしれないし。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する