空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

少年シリウス感想 > 『少年シリウス 2013 7月号』購入

『少年シリウス 2013 7月号』購入

写真 (10)

創刊8周年、だそうで。
俺が読み始めたのはここ数年の話なので、創刊時はどういう雑誌だったのかはとんと知りませんが。
ずっと読み続けている古参読者はどれくらいいるのかしら。

しかしまぁ、まがりなりにも2年以上も感想を書き散らかしているのに
いっこうに文章力が身につかないな俺・・・。
鋭い考察とかセンスのある文章は無理にしても、せめてもうちょい語彙は増やすべき。

今月から始まった『浜村渚の計算ノート』、かなり無茶な世界観ですが
学生時代ずっと数学に苦しめられた身としては、この世界に生を受けたかったとわりと本気で思ってしまったり。
中学以降、テストでは赤点しか取ったことのない超絶劣等生でした。
そんな体たらくなので、感想書こうにもたぶん毎回「渚ちゃんかわいい!」だけしか書けない気がする。
さすがにそれはなぁ・・・。


・まがつき
謎の番外編やるやる詐欺。
こっちとしては番外編がどういう内容なのかも知らされていないのに、それを謝られても・・・。
今回の話も、本編だからといって特に何が進展した訳でもないし。

お風呂のシーン、どうせならギャグで終わらせずにもうちょっと踏み込んでほしかったなー。
あのセクハラ漫画が許されるなら、雑誌的にエロイのがNGというのは無いだろうから。
執事化で八助の能力も底上げされてるっぽいし、ここは手練手管を駆使してヒロイン達を堕としてみたらどうですかね!

もうユナイトベント寸前ってとこまで振り切りつつ次回に持ち越して、その上で次号に番外編を挟めば、
お預けをくらった読者の期待値は天井知らずに跳ね上がるってなモンですよ!
その後どうオチつけるのかはまるで思いつきませんけどね!(ゲスやかな笑みを浮かべつつ)


・カタリベのりすと
おぉ、あの女の人は安部さんのお姉ちゃんだったとは。
これで黄金の鍵側が安部さんのことを知っていたことにも説明が付く。
でも、もうちょっと前フリというか、直接的な絡みがあったほうがよかったなぁ。

国枝と伯楽の対決も、なんだかあっさり終わっちゃった印象。
理解も納得もできるけど、サクサク進みすぎて気持ちが盛り上がらないというか。
もしかしてこの作品自体がまとめに入りつつあるんだろうか?


・まおゆう外伝 まどろみの女魔法使い

最ッッ高ォォッッ!!

いやもう今回の話があまりに熱すぎて熱すぎて叫ぶしかない。
一度心を折られてからの逆転劇という、まさに少年誌にふさわしい王道中の王道展開。
しかもその逆転のキッカケが、羽っこと紡いだ絆とか!

勇者の隣という、自分の居場所を追い求めることにしか興味の無かった女魔法使いが、
羽っこの存在によって、自分も誰かの居場所になれるんだってことに気がついてくれて。
もうこの時をどれほど待ち望んだことか・・・。

敵に回った黒曜さんとのバトルも、説教かましながら拳でツノをへし折るというまさかの決着。
「勇者に会いたいって激情を!この私が理解できないと思うのか!?」ってセリフがたまらねぇ。
まさに無理を通して、道理を蹴っ飛ばす的な展開。

女魔法使いが戻った後の羽っこの安堵の笑顔とか(やっぱり女魔法使いが変わっちゃうのはイヤなのね)
メイド長との和解とか、今回は何もかもが最高すぎる。
燃えたり萌えたりでもう完全燃焼状態。



4コマBattleの2本目はジャミラが水に弱いことを見越してのネタだったりするのかな。
読者投稿では「もうちょっと笑えるコメントも送ってこいや」的なこと書いてましたが
なんだろう、ルイズコピペみたいなの送ってもいいのかな。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する