空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

買った漫画感想 > 『はぢがーる』 モーションコミックを視聴してみた

『はぢがーる』 モーションコミックを視聴してみた

5巻の感想を挙げようと思ってたんだけど、書きたいことがありすぎて全然まとまらない・・・。
なのでとりあえずこちらを先に。

モーションコミックに関しての詳しいことはこちらで。
1話以降は有料という仕様だったので、「まぁ1話だけ試しに観てみるか・・・」
とぼんやり見始めたのですが、気がつけば全話パックをPONと購入している俺がいた。
いや、なんか思った以上にいい感じだったのでつい。

ちなみに真木さん&鈴ちゃんが登場するのは7話目からなので
そこまで見るなら個別に買うよりも全話パックのほうがお得だったりします。

観てみた感想なのですが、モーションコミックと銘打ってるだけあって思った以上に動いてくれます。
さすがにアニメには及びませんが、手足を振ったり指先のちょっとした動作なんかはいい感じで表現できてるかと。
らぶりんの羽がパタパタしてるのがかわいい。

ただやはり限界はあるようで、例えば
写真 (16)
こういう髪の毛がなびいてるシーンなんかは、髪が動くことなく
この形態で固定されたまま歩きさって行くので、かなり違和感があります。
髪型チェンジの回で髪をかきあげるシーンも、頑張ってはいるんだろうけど・・・というのが正直な感想。
これは現段階では技術(もしくは手間)的にどうしようもないのかなぁ。
そもそもこの原稿だってこれ用に描かれた訳でもないし。

もう一つの特徴であるボイス追加は、さすがに名の通った声優さんが参加されてるだけあって
ばっちりキャラにハマった演技で言うことなし。
声に関してはそれこそ各人いろいろイメージがあると思うので、一概には言えない部分もありますが
個人的には違和感なく楽しめました。

しかしまぁ声が付くとまた可愛らしさが増すなぁ特に本田君。
いや冗談抜きでボイス付きで一番破壊力が増したのが本田君だと思う。
流石ヒロイン。

もちろん主人公の紗江ちゃんを始めたとした他のキャラも良い感じ。
キリッとモードとの切り替えは声が付くとより楽しめるかと。

声に関しての唯一にして最大の不満は、真木さんの出番が・・・出番がほとんどない・・・
下手すりゃ島村君より喋ってないとか・・・ちくしょおおおおおぉぉぉぉっ!!

・・・原作の10話(プリクラ回)までしか作られていないので、当然といえば当然の仕様なのですが
これ以降が彼女の本領発揮なのに、これはあまりにも勿体無さすぎる。
という訳で是非とも最終回までキッチリと作っていただきたく。

ふと思ったのですが、このManga2.5の企画ってどれくらい認知されているんだろう。
はぢがーる5巻でも巻末コメントで少し触れられてる程度で、告知的な情報はどこにも載ってないし。

せっかく面白い企画なんだから、もうちょっと宣伝してもいいんじゃないかなーと。
有料で期限付きとはいえ、全話パックならコミック1冊とほぼ変わらない値段で
ドラマCDなみのボリュームが楽しめるって、何気にかなりお得だと思うのですがどうなんだろう。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する