空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

買った漫画感想 > 『ナリユキまかせの天狗道  1』 購入

『ナリユキまかせの天狗道  1』 購入

写真 (10)
次郎さあぁぁぁん!!!
カワイイ!おっきい!大好き!
ジェネシスで一目惚れして以来、コミックスの発売をずっと待ち望んでいた身としては
こうやってまとめて読むことが出来てホントに嬉しい。

一応ジェネシス休刊後も電撃大王のサイトで無料で読むことはできていたのですが
もともとWEBでマンガを読むのがあまり好きでないうえに、細かい部分までは
チェックしづらいので、やっぱりこうして紙で読むのがしっくりくるなぁ。

ちょっとおバカでスケベな主人公の成行が、ひょんなことから手に入れた
不思議な力を持った天狗面を巡って、妖怪退治したり天狗のおねーさんたちと戦ったり(面子勝負とかで)
お近づきになったりする漫画なのですがあらすじとかいいからとにかく次郎さんカワイイ!(我慢できず咆哮)

毎回の感想でも同じことしか書いてないけれど、これ以上ないくらい俺の好みにどストライクなヒロインなのでこれはもう仕方ない。
見ただけで分かる胸部の圧倒的戦力も十二分に魅力的ですが、内面も実にすばらなヒロインっぷり。
クールビューティっぽい見た目とは裏腹に、天狗は傲慢だと言われて落ち込んじゃう妙な繊細さとか
一刻も早く天狗面を取り戻せという父親からの使命にやる気満々かと思えば、それはそれとして地上での生活も
エンジョイしますという二律背反なマイペースっぷりとか、もう何もかもが愛しい。

次郎さんのステキっぷりも素晴らしいけど、主人公である成行も気に入ってます。
スカートめくりをはたらく妖怪を前に「お前を野放しにしてむしろ見守っていたい!」とかぶっちゃける素直さには脱帽せざるを得ない。
昨今の難聴草食系主人公にも見習ってほしい。みんなもっと自分に正直に生きようぜ!

アホでスケベなだけではなく、傲慢と言われて落ち込んでる次郎さんを励ましたりする優しさも持ちあわせていたり。
個人的に一番お気に入りのエピソードは第四話。
とある事情で過去に遡ることになるのですが、今後のトラブルを避けるために過去に介入しようとするも
今まで紡いでいきた天狗面との友情や、次郎さんとの出会いを鑑みて躊躇するシーンはスゴく好きな場面。

前にも書きましたが、ラブコメにおける主人公の描写ってある意味ではヒロイン以上に大切だと思うのですよ。
どれだけヒロインが魅力的でも主人公のキャラがテキトーだと、ヒロインとの仲を素直に応援できなくなるので。
主人公に愛想を尽かして「お前の恋路なんかもうどうでもいいわ!」と読むのを止めたラブコメが過去いくつあったことか……。

あれこれ書いてきましたがこんな駄文を読むよりも、百聞は一見に如かずということで
興味のある方はぜひとも試し読みしていただきたく。
読めばきっとこの作品を好きになってくれると思うので、
読んでも別に好きにならないんだけどという方はもういいぞ帰れ。

写真 (11)
本編には何一つ不満は無いのですがこの帯がなー、なんかなー。

欲念を天狗力に変えて、理想の花嫁をいただき!

別に間違ったことが書かれている訳ではないのですが、この帯の文言から
エロコメハーレムっぽい内容を期待されるとちょっと辛いものがある。
サービスシーンはそれなりにあるし、画力は文句なしの高水準なのですが、
べつに過激なシーンがあるわけではないのでどうにもこうにもうーむ。

というかあんまり極端な方向には突っ走ってほしくはないんだよなぁ。
過激な方が話題にはなるし、もしかしたらウケるのかもしれないけど、
この作品に流れる心地いい空気が台無しになる危険性のほうが遥かに高いと勝手な心配をしてみたり。
個人的には胸を強調した今回の表紙よりも、収録されている没になったカバー案のほうが好きなんだよなー。
成行も認める次郎さんの腰と脚線美が拝めるので。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する