空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

きららフォワード > 『まんがタイムきららフォワード 2014 3月号』購入

『まんがタイムきららフォワード 2014 3月号』購入

写真 (21)

・夢喰いメリー
くどいようですが何度読んでもラギちゃんが可愛いすぎて辛い。
冒頭の3人娘の登校シーンがあと300p続いても読み続けられる自信がある。

「本当に描きたいもの」がどうこうという話は、他の漫画家さんもそれを指摘されたり
思い悩んだりしてるという話は聞いたことがあるような。

それを描いたからって読者にウケたり、人気が出たりするかどうかはまた別問題だと思いますが、
熱狂的なファンが付くような作品には、流行り廃りを飛び越えて読み手にも響くような熱が込められている気がします。
編集さんが期待するように彼女の中にも「それ」はきっとあると思うので、是非ともそれを取り戻して
大きく羽ばたいてほしいなぁと思う次第であります。

だから引っ込んでろ眉毛。


・愛しの花凛
一方こっちの眉毛は天使だった。
「気を使わないでください」は笑ってしまった。
悪意がないだけにお互い辛すぎるっ…!

今回で新潟編は終わりのようで。
豊にとってはフツーの帰省イベントだったなー。
桃代と会うわけでもなく妹ちゃんと絡むわけでも無く。

まぁ凡百のラブコメっぽく桃代と豊がモメたり、花凛に妹ちゃんが反発したりとか
そういうベタすぎて食傷気味の展開見せられるよりはよっぽどマシですが。

豊は何か決意を固めたっぽいけど、彼は妙に真面目すぎる男なので
いまのところ期待より不安の方が大きいかもしれない。


・ぼっちな僕らの恋愛事情
はじめちゃん…
それは少女漫画によくいるSっ気たっぷりな超絶イケメンにしか許されないセリフだから!


・はじおつ
ひまりん言ったあああああぁっ!
そして逝った。

あの場で「でも今では甲斐君にゾッコンでね」とか言ったところで
甲斐君の心が完全にシャットダウンしちゃってる以上、どうにもならなかっただろうなー。

というか「ごめん」って言い残して去っていくって…
いっそ怒ってくれたほうがまだ気が楽だったろうに。


・マリッジ・バトル!
かなり無茶な結末ですが、よく考えたら最初から無茶な設定のマンガだった。
無茶でも愛も夢もあるこのラストはすげー好きですよ。

しかしまぁ、俺には百合男子の素養がないとつくづく思い知らされた作品だった…。
キャラは好きだけど、それぞれが抱える恋愛方面にはあまり関心が向かなかったもんなー。


・あんハピ♪
調理実習という、普通なら定番ウキウキイベントの筈なのに
「腕の一本くらいは覚悟しておいたほうがいいのかな…」とか身構えてしまうのがこのマンガ。

俺だけかもしれませんが、少し前からキャラの顔に妙な違和感を感じる。
連載作品なんだから絵が変わるのは当然なのかもしれませんが、
正直言ってあまり好ましい方向の変化では無いんだよなぁ…。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する