空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

電撃WEBコミック > 電撃WEBコミック 2月10日更新分感想

電撃WEBコミック 2月10日更新分感想

・ナリユキまかせの天狗道

冒頭から狗賓2人のお風呂シーン。
サービスカットな絵面ですが、月輪の設定や桜火たちの目的が
明かされたりと興味深いシ-ンもあったり。

しばらく名前が明かされなかった桜火の相棒は、杜弥山 雨瑠(とみやま うる)。
脳筋上等実力主義キャラっぽい桜火とは対照的に、策を練って立ちまわるタイプのようで。
そんな賢そうな子がどうして月輪の呪いに巻き込まれているのかが気になるところ。

とりあえず今のところは桜火よりは雨瑠のほうが好みかなぁ。
だって し ま し ま してるからね!(満足気な表情で)

一方、成行はクラスメイトに裸エプロンの良さを説いていた。
裸エプロンなぁ…、個人的には特に惹かれるものが無い属性なのですが、
成行の口調の熱さと思い入れの強さにちょっと感化されそうになってしまった。

そういえば1話冒頭のお嫁さん妄想カットも裸エプロン姿だったような。
エロスはまぁ分かるとして、何か家庭的なものにも憧れがあるのかなぁ成行は。
つまり肉食系な振る舞いはあんまり彼の好みじゃないっぽいですよ桜火さん。

そんな成行から天狗面を奪還すべく、雨瑠は狸の悪霊を使って
幻の世界に引きずり込む作戦に出る。
台本を用意して恋人設定まで作りこんだりと、けっこう練りに練った作戦なので
本人的にはこれ絶対いける!と思っただろうなぁ……。

そんな完璧な舞台設定も、成行の並外れた色情により、
逆に幻想世界を侵食されるというまさかの展開に。
無茶だけどスゴく納得できる逆転劇だ!
何気に次郎さんLOVEが確認できていい感じのシーンだし。
雨瑠は作り込み過ぎた世界観が仇になっちゃったなぁ…。




写真 2 (1)
奇数月に更新されてる『ギリギリアウト』のコミックも購入。
ヒロインがむちむちしててエロカワいい。

最初は「おもらしとか無理だわ…」と敬遠していたのですが、
そこまでハードな内容でもなく、絵柄も可愛らしく描かれていて思いのほか
取っ付き易いマンガなので、おもらしに興味のある方は入門用に是非。

ちなみに同日発売の『俺のぱんつが狙われていた。』との合同企画で
帯プレが行われるようなのですが、この宛先はあんまりだと思うの。

写真 1 (1)

ストパン関連に応募したとき以来のインパクトだわ…。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する