空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

きららフォワード > 『まんがタイムきららフォワード 2014 5月号』購入

『まんがタイムきららフォワード 2014 5月号』購入

写真 1 (2)


>『はぢがーる』ドラマCD発売決定
>『はぢがーる』ドラマCD発売決定
>『はぢがーる』ドラマCD発売決定


写真 2 (2)
コミックス派の人にも知らせてあげよう徐晃さん。

完結から半年を経てまさかのドラマCD発売。
どうしよう、めちゃくちゃ嬉しいんですけど!
完結したとはいえ、この作品への愛はまだまだ冷めちゃいないので
こんな燃料を投下されたからには燃え上がらずにいられる訳もなく。
本当、どれだけ楽しませてくれるんだこの作品ってばよう!とことん付いて行くぜ!

本編ではなく、最終回の後日譚を新規ドラマCD化というのも珍しいような。
5巻の感想で後日譚は必要ない的なことを書いたような気がしますが、
もう関節が外れるくらいの勢いで手のひらを返したい。

とらのあな専売ということで、詳細はこのページで確認できるっぽく。
キャストはモーションコミックと全く同じのようで。
キャスト紹介と共に登場人物のちびキャラ絵も。
うん、とくにおかしな所は無いな。
(やっぱり公式でもそういう扱いなのか本田君…)

来月号には『はぢがーる』番外編(みやびあきの先生の新連載も!)が
掲載されるそうなので、合わせてチェックしなくては。


・ぼっちな僕らの恋愛事情
据え膳どころか口元まで匙を運ばれてるような状況に
居心地の悪さを感じるはじめちゃん。

ギャルゲで言えば選択肢失敗してフラグ折れたと思っていたのに
次にあった時には何故か好感度が急上昇していたという訳のわからない状況だもんなぁ。
はじめにしてみたら嬉しさよりも「何で!?」って感じだと思う。

クラスの男子も一人くらいはじめの気持ちを理解してあげてもいいと思うんだけど
みんな恋愛脳のこのクラスじゃそれも無理か。


・ハナヤマタ
動画なら間違いなく「いい最終回だった」タグが付けられそう。


・オンリーロンリーヴァンパイア
2話目にして破壊力高すぎなショタキャラが登場してしまい困惑中。
いけない…!睦よりも朔のほうが良いんじゃ的な気持ちを悟られたら…!


・夢喰いメリー
立体的な戦闘がカッコいい。
そしてこれにて無事に 問 題 解 決 !

ただしラギちゃんに限る。
ラギちゃん編が一段落するのは名残惜しいけど
ぼちぼち話も本筋に切り込む頃合なので仕方ない。


・はじおつ
ヒューッ!!見ろよあの2人を。まるで本物のカップルみてえだ!!
という訳でもう晴れて誰はばかること無い本物の恋人同士に。
甲斐君も一気に覚醒しちゃってずいぶん大胆なことを。
……なんだか嬉しいような寂しいような変な気分。

まぁ2人が幸せならもう俺が言えることは一つだけです。
末永く爆発しろと!!


・ムク時々猫のち少女
最初の数ページは「この主人公、大丈夫なの…?」と心配になりましたが
読み終わってみればとても可愛らしくてステキなお話でした。
安易に恋仲まで進展しなかったところが好印象。


・あんハピ♪
よかった普通に続いていくみたいだ…。

今回は2人のヒバリへの思いが伝わる実にいいエピソード。
学校ではヒバリに引っ張られている2人だけど、頼りっぱなしじゃなく
こうやってちゃんと支えてあげられる関係なんだなぁと。

下着の相談とお風呂シーンが飛んでる気がするんですが
これって編集ミスですよね?単行本では収録されるんですよね? ねぇちょっと!?


・愛しの花凛
扉絵があざと可愛すぎてどうにかなりそう。

それはそれとして豊ァァァァッ!!
いやまぁ「後腐れナシの刹那な関係ならOKだぜ!」とか言われても困るけどさ!

小悪魔モードな花凛さんが実にサマになっていてステキすぎる。
読み始めた頃はこういうのを前面に出してくる娘なのかもと勝手に期待思ってました。

だからこそ、その後の涙がものすごく切ない。
そうだよな、まだ10代の女の子だもんなぁ。
俺ならあの涙に負けて帰郷をあっさり撤回してしまうと思う。
一番信用されないパターンだそれ。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する