空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

日記 > いざ新潟

いざ新潟

4月20日に新潟で行われたカトウコトノ先生のサイン会に参加してきました。

辺鄙なド田舎住まいなので、こういうイベントにはまず縁が無いのですが
比較的アクセスが容易な新潟で開催されると知り、これはもう行くしかねぇと。
これを逃したら次のチャンスなんていつになるかわからないし。

前日は緊張のあまり寝付けなかったのですが、寝坊することもなく無事起床。
日課のニチアサタイムも消化し「ここからは俺のステージだ!」
と言わんばかりの勢いで電車に飛び乗りいざ出陣!エイエイオー!(鎧武)

そこまでの勢いで現地に乗り込んだにも関わらず、列に並んでいるのが女性ばかりと
知るやいなや、ビビってしばらく列に並べなかったチキンが一羽いたらしい
「あれ?ひょっとして俺スゲェ場違いなのでは…」と急に不安になってヘタれる始末。
女性ファンが多い作品だろうなぁと想像してはいたのですが、ここまで偏っているとは…。
我ながら自意識過剰だとは思うものの、オッサン単騎で突入するには気が引けちまってよう…。

とはいえここまで来て引き返すのもアレなので、覚悟を決めて列に並びました。
会場に最後までいた訳ではないので、最終的に何人来たのかはわかりませんが、
俺含めても男は片手で数えられるくらしかいなかったような。

並んでいる間に前の方から回ってきた複製原稿に目を通していると、
係の人から次々とペンが配られ、整理券の裏に自分の名前と、
描いて欲しいキャラクターの名前を書いておきなよ、とのお達しが。

一番好きなキャラは決まっているので、本来ならば悩むこと無く
その名前を書けばよかったのですが、直前に見た複製原稿のおかげで
「やっぱりあのキャラも、いや、でも…」と心に迷いが。
その迷ったキャラ達の中に一人として男の名前が無いあたりは我ながら流石の俺クオリティ。

いや、男キャラでも好きなのはいますよ?
トルキエサイドならオルハン、帝国サイドだとトリスタン・バレとか。
今後陽の目を見ることがあるのかどうか微妙な2人ですが、なんとか頑張ってほしい。
バレさんが頑張るとマフ君が困りそうな気もするけど、まぁそれはそれということで。

とか何とかぼんやり考えているうちに14:00になりサイン会開始。
待ち時間は40分ほどでしたが、緊張と高揚で体感時間としてはそれほど長く感じませんでした。
いろいろ迷いつつ描いていただいたキャラは…




写真 2 (4)
雪原に咲いた一輪の花、東方のいろいろな国担当交渉大臣マルギットさん!
ウラドにはもう一輪咲いていたような気もするけど、そっちは他の誰かに任せた。
女性キャラでも14巻ならココシュカかブリジッタをチョイスすべきでは?
とも思ったのですが、もしかしたら最初で最後の参加になるかもしれないので
素直に一番好きなキャラをオーダーしました。

出番は少ないけど、マルギットさん超愛してる。
いつか来るかもしれない再登場の日まで、マルギッ党を立ち上げて応援していきたい。
でもマルギットさんを巡って党内の争いが絶えなさそうなので、党員は俺一人でいい。

自分でリクエストしておいて何ですが、主人公でもメインキャラでもなく
まして最後に登場したのはかなり前、というキャラであり忘れられてたらどうしよう…
などと失礼な心配をしていたのですが、カトウ先生はキャラの名前を確認するやいなや、
何も見ずにササッと描き始めたので「やっぱプロって凄ぇ!」と感動しました。

カトウ先生がキャラを描いている間、(多分)担当の方がこちらに話を振ってくださいました。
これは俺のようなコミュ障には有り難かった。
社交性E(超ニガテ)なので、間が持たなかったらどうしようとモヤモヤしてたから…。
どこでサイン会の情報を知ったのかと聞かれ「シリウス本誌の告知で…」と答えたらレアキャラ扱いされたのが印象的でした。
あの列の中に俺以外の本誌読者って何人いたんだろう…。

おみやげに頂いたポストカードとペーパー。
ペーパーの絵柄はマフ君、カルバハル、カサンドラの3人。
写真 3 (1)

以上、参加してみた感想でした。
ちゃんとしたレポは公式か他のファンの方に任せます。
怯んだり気後れしたりもしたけれど、それでも参加して良かったと心から思えるイベントでした。
嬉しくて帰りの電車の中でサイン絵ずっと眺めていたし。
地方民だからと引きこもってばかりいないで、もうちょいアクティブに
いろいろ参加してみてもいいのかもしれないと思ってみたり。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する