空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

電撃WEBコミック > 電撃WEBコミック 12月10日更新分感想

電撃WEBコミック 12月10日更新分感想

・ギリギリアウト
黒部汐莉、ついに参戦。
ソラに興味を持ったような素振りを見せつつも、
その後ラブコメ的な音沙汰がほとんど無かったので
あらやだフラグ折れちゃったのかしら…などと気を揉んでいたのですが、
眠れる獅子がついに牙を剥いたぞ!

しかもハナさんの専売特許であるお漏らしの世界に入門してくるとか!
呪いで尿意が発生してしまうハナさんと違って、今回の黒部さんは貴重な天然もの(?)だから!
身体を震わせたり、足を何度も組み替えたりしてガマンしてる姿がウヒヒヒヒ!(醜悪な笑みを浮かべつつ)

…なんかスゴイ下品なこと書いてる気がしてきたけど、全ての咎は
こんな漫画を描いてしまったソウマトウ先生にあると思うので、
ただの一読者である俺は何も気にせず黒部さんのガーターベルトに胸を熱くしていきたい。


・ナリユキまかせの天狗道
終わってしまった……。
前回の時点でなんとなく予感していたこととはいえ、
やっぱり読み終えた後にこみ上げる寂しさだけはどうしようもない。
もっともっとこの世界に浸っていたかったなぁ…。

ただ、この最終回自体はとても気に入っていたりします。
「私…なります」あたりのシーンなんかもう、次郎さんの可愛さが天井知らず状態。
その後、成行への返答を誤魔化そうとしどろもどろするあたりも最高すぎる。
ただ俺はね、この後互いをより意識し始める2人の!これからが!!見たかったの!!!

今更言っても仕方のないことですが、もう少し販促してもらっても良かったのにと。
休刊間際の隔月刊誌 → WEBでひっそり連載 という割と日陰な扱いだったので、
どこかの雑誌なりでもうちょっとスポット当ててくれればあるいは、などと考えてしまう。
移籍して連載続けられただけでも感謝するべきなのかもしれないけれど。

とはいえまだコミックスの発売が控えているので、これで完全にお別れという訳でもなく。
発売日には次郎さんの好物であるモンブランと一緒に買ってこようかと。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する