空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

買った漫画感想 > 『あんハピ♪ 5 』購入

『あんハピ♪ 5 』購入

IMG_1783.jpg
5巻の表紙は面倒くさがり系スリーピングビューティーこと江古田レン。
アニメ放送中だから仕方ないとはいえ、3巻まで続いていた
表紙キャラに合わせたコピーの文言が無くなってしまったのはちょっと残念だなーと。
4巻のアレはキャラに合わせたものなのかどうかイマイチ確信が持てず。

4巻といえば、前回は感想と言いつつ響ちゃんカワイイ!しか言ってなかった気がするので
アニメ効果で原作新規読者様も増えるであろうことを鑑みて、今回こそは落ち着いて
内容に即した客観的な感想記事を書こうかなと。

5巻では新キャラが登場したり、一大イベントである文化祭に向けての
準備が始まったり、ヒバリの内面に踏み込んだりと盛り沢山な内容になっていますが
それはそれとして響ちゃん超カワイイ!(我慢できなかった)

太ももを露わにしているはなこを見て赤面してるのもカワイイし、
その後レンに突っつかれて嬌声を上げてるのも可愛いし、
レンに「寝てみる?」とか言われて頬を染めながら妄想炸裂しちゃうシーンもかわいい!

こうして1コマ1コマ抜き出して語ってるとキリが無いので、印象的な2つをピックアップ。
1つはここまで引っ張ってきた響とヒバリの因縁が明かされる場面。
響×ヒバリの組み合わせが3度の飯より好きな自分にとって、
「この2人に一体どんな過去が……」とずっと気になっていたことだったのですが、
真相が明かされた瞬間膝から崩れ落ちそうになりました。主に脱力が原因で。

まぁあんまり深刻な原因でも扱いに困るのでこれでOKなのですが、それにしたって響ちゃん……
アニメでここまでやるのかどうか分かりませんが、是非とも思わせぶりな感じで引っ張って欲しい。

2つめは響とレンの幼少期の出会いを描いた特別編。
もう神回などという言葉すら生ぬるい程の破壊力
あの折り紙のシーンなんてもう、もうっ!
いつものノリも残しつつ、少しだけ少女漫画風味を加えたような回になってます。

5人組でいることが多いので忘れがちですが、作品的にはあくまで、
はなこ達3人と響とレン2人の組み合わせ、というのが基本スタンスなんだろうなぁと。
分かりやすく言えばハリケンジャーとゴウライジャーみたいな関係かと。
……分かりやすいのかこの例え?

もしもここで二人が仲良くなってなかったら、互いに今とはちょっと違うキャラになったのかもしれないなーと思ったり。
響は今のような自信に溢れた女の子にはなってなかったでしょうし(実は根っ子の部分は変わってないんじゃないかなーと思いますが)
レンのほうは響が引っ張り回さないと起伏のない淡々とした人生を送っていきそうな気が。
それと、たまーに出してくるSっ気は響にしか発動していないので、分かりにくいけれど影響はあったんじゃないかなーと。

あの気弱で儚げな響も可愛いのですが、やっぱり今の負けず嫌いで不敵に笑う響が一番ステキだと思います。
何より大事なのは、響があの性格に仕上がらないとヒバリとの因縁が
生まれなくなり、今みたいな関係になることもなかった筈なのですよ。

結局4巻の感想と変わらない感じになってしまいましたが、それくらい響が可愛すぎたということでひとつ。
アニメではまだ顔見せ程度ですが、これからガンガン前に出てくるはずなので期待期待。
そしてアニメ効果で「響ちゃん可愛い!」状態に陥ったら、是非ともこの5巻を手にとってもらえたらなぁと。



これだけ響ちゃんについて語りつつも、特典はいつも通りメロンブックス一択な訳ですが。
IMG_1784.jpg 

オチまで前回と同じとか・・・・・・と呆れられそうですが、違うんです聞いて下さい理由があるんです。
アニメ化に合わせて各キャラの誕生日が発表された訳ですが、そこでなんと
ぼたんの誕生日が俺と同じ日だということが判明しまして、これはもう運命を感じるしか無いじゃないですか。
男だったら責任とって添い遂げるしか無いじゃないですか。何の責任なのかは自分でもよくわからないけれど。

……さすがにこの流れは今回で止めにしよう。
いや5人とも大好きだから本当に!

アニメの方もようやく1話を観たのですが、もう可愛すぎて視聴中ニヤケが止まらず。
IMG_1781.jpg 
本編でも白衣姿は披露してますが、よもやナース姿まで拝めるとか、ありがたすぎて涙が出そう。というか出た。
細かいこと言えば、ぼたんは別に看護師を目指している訳では無いという無粋なツッコミもできますが
逆に考えるんだ、設定遵守では見られない衣装を見せてくれたんだと。

今回メロンブックス限定版とやらを注文したんですが、付属のデカンバッジが想像以上にデカかった。
IMG_1785.jpg 

なんかもう缶バッジというより、皿に近い感覚かも。
ちなみに裏に折り畳み式の展示用スタンドが付いているので飾ることも可能です。

IMG_1787.jpg IMG_1786.jpg
この頼もしいシールド感!
どんな不幸も跳ね返してくれそう。
そして描かれた絵を冷静に眺めると、だんだんはなこのハーレムに見えてくるという。
彼女は主人公であり5人の要でもあるので、あながち間違いでもないのですが。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する