空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

きららフォワード > 『まんがタイムきららフォワード 2016 6月号』購入

『まんがタイムきららフォワード 2016 6月号』購入

IMG_1794.jpg

『あんハピ♪』のアニメが無事開始された訳ですが、ここまでの自分の感想としては

1話目「さて、お手並み拝見といk…パンパン(゚∀゚)パンチマインド!!(陥落)」
2話目「よかった…よ゛か゛っ゛た゛ね゛ぇ゛ヒ゛バ゛リ゛ち゛ゃ゛ん゛ん(号泣)」
3話目「ああああああああああ~(恍惚)」


もうなんか期待以上にステキなアニメでした。
クオリティは勿論として、無難な日常アニメになっていたらどうしよう、という
一抹の不安もあったのですが、ちゃんと可愛さとカオスが同居していて一安心。

お話の順番やら何やらが原作からいろいろ変更、追加されてますが、
(1話のヒバリは原作1話と比べるとだいぶ印象が柔らかくなっていたり)
個人的には特に問題ないんじゃないかなーと。一言一句同じにされたら観てる甲斐も無いですし。
ちょくちょくオリジナルシーンを追加しつつ、ヒバリの心情の変化も丁寧に描かれていて
(当たり前ですが)ちゃんと考えてくれてるんだなーと嬉しくなりました。

アニメを見て改めて気付かされたことも多くて、むしろ俺のほうが原作ちゃんと読めてなかったなと反省することも。
例えば何故ぼたんだけスニーカー履いてるんだろうとか、あんまり深く考えたことなかったもんなぁ。
何度も読み返してるつもりだったけど、いろいろ見逃してる描写もたくさんありそう。

という訳で現状これ以上ないくらい楽しませてもらってますが、放送期間は2ヶ月程残っていますし、
この後にお話や作画やらがガクンと残念になってしまう可能性もゼロではない訳ですよ。
ただ、もし仮にそうなったとしても、3話で見せてくれたヒバリのバニーガール姿を思い浮かべれば、
もう何が起きても全部許せます俺。なんというEROTICA!!

そしてまさかヒバリだけじゃなく(本人の想像上とはいえ)響のバニー姿まで拝めるだなんて!
もしかしてこのアニメ俺のために作ってくれてるんじゃ? とか勘違いしてしまいそう。

このままアニメについて延々語っていると、いつまでも本誌感想にたどり着かないので、最後にひとつだけ。
天之御船学園に男子生徒なんていなかった、いいね?



・なでしこドレミソラ
扉絵の手を繋いだ2人が可愛い。
「 好きな子と、好きなコト 」とかアオリ文も上手いこと言っちゃって!
俺ならうっかり「 捕獲(つか)まえた 」とか書いてしまいそうだ(刃牙道)

三味線知識を喜々として語る陽夜ちゃん可愛すぎ問題。
笑顔で嬉しそうに練習見守ってるのを見ると、こっちまで笑顔になってしまう。


・双角カンケイ。
なんとか切り抜けた!
…あの、美術とかよくわかんないんスけど、こんな迷彩みたいなボディペイントなら、
モデルのスタイルが良かろうが悪かろうがあまり関係無いんじゃ?
あまりに平坦なキャンバスだから、最初のプランから変更されてしまったんだろうか。

イチカちゃんの妙なフラグが気になる。
貴重な常識人枠なのに、君もこのバトルロイヤルに参戦してしまうのか……。


・がっこうぐらし!
……そうか、くるみは夜型で冷え症なんだね。(頑なに現実逃避
いっそ正気を失ったほうがマシなくらいのハードな現実に耐えきれるんだろうか。


・ほおばれ!草食女子
前回は友情っぽいキレイな締め方だったのに、そんなこと忘れたかのように
各々が自分の都合だけで動いてるの面白すぎる。安易な百合に逃げないスタイル!

歳を重ねれば自然に大人になる。そんな風に考えていた時期が俺にもありました。
ならないんだコレが。ソースは俺。


・ようこそ幻界集落へ!
衣装デザインが超気合入ってて華やかでカワイイ!
問題は俺が『不思議の国のアリス』をイマイチ理解してないことなんだけど。
何度か読んだはずなのに、どういう話なのかあんまり覚えてないという。


・硝子のピーシズ
軽いノリで説明してるけど、時雨のSAN値がすごい勢いで削られてそう。
凄いけど微妙に凄くないキリコ様かわいい。


・ゆるキャン△
とんでもない飯テロ回だった。
と言うか二人ともスゲー食うのな……これが若さか。

アル中の先生は新キャラなのかな?


・あんハピ♪
今回は2話掲載と言うことで、一話目はぼたんにスポットを当てた回。

……なのですが、どうしよう。想像以上に胸にこみあげるものがありすぎて。
言いたいことはいっぱいあるけど、上手く言語化できないと言うか。
何気に久米川牡丹という女の子の芯の部分にかなり迫った回なのでは?

いつもギャグ描写で軽く流されてるから見逃しがちですが、
彼女は自身の不健康虚弱体質を本当に気に病んでるんですよね。
しかも「自分はなんて不幸なんだろう」と自分を憐れむのではなく
「周りに世話ばかりかけて申し訳ない」と自分を責めてしまってる。

(どなたでも、すぐ壊れるようなガラスに触れたがったりしないもの)
「中学の頃までのように、ほとんど入院や欠席で過ごしたくありませんからね」


吐露されたこの2つの言葉から察するに、過去の学校生活は……お世辞にも楽しいと言えるものではなかったのでしょう。
まぁ小中学生に献身的なサポートを求めるのも酷な話だとは思うので、一概にぼたんの同級生を責めるつもりもないのですが。
悪意はなくても、病気がちですぐ怪我する子とか、ちょっと負担に思ったりしたとしても無理はないかと。

そしてぼたん自身も、そういう周りの想いや空気を察してしまいそうな気もするので、
自分から皆との距離を置いてしまったんじゃないかなと。
体調だけじゃなく、そういうことが原因で学校からも足が遠のいていったんじゃ…
とまで考えてしまうのはさすがに飛躍しすぎかもしれませんが。

ただ、もう一つ印象的なセリフがあって、デフォルメでギャグっぽいセリフなのですが
「リハビリ室で行った血の滲むような特訓の日々が…」というくだり。
ぼたんの場合、その病弱な身を理由にすれば学校に行かなくても許されると思うんですよ。
事情が事情だけに、そんな状況に甘んじて過ごしても誰も責める人間はいないでしょうし。

それでも懸命にリハビリに挑んでたということは、ぼたんはそんな不幸な自分の運命を諦めてないんですよね。
自虐的な言動とは裏腹に、心の奥には弱い自分をきっと変えられる筈、という想いがずっとあったんじゃないかと。

そうやって進んできた先で、はなこやヒバリに出会えたことは彼女にとって
どれだけ嬉しい出来事だったんだろうかと考えてしまうと、わりと本気で泣けてくる自分がいたりして。

伸ばした手をちゃんと掴んでくれる相手がいて、その手の温もりと信頼に応えられる
強い自分になりたいと願うぼたんの姿を見てると、もう世界中の誰より幸せになれ!と願わずにはいられません。


……そしてそんな俺の感動を物凄く雑な登場で乱しにかかる響ちゃん。
いやっ、全然いいんだけどね!あのままキレイに終わってたらもっとキモい
ポエムじみた感想を投下してた恐れもあるから!翌月読み返して羞恥で死にたくなるようなやつな!

余談ですがアニメのせいなのか、響が出てくる度に例のBGM(3話で流れてた響のテーマ)が
自動で脳内再生されるようになってしまったのですがどうしたら。
あれ面白すぎてもう曲だけで笑ってしまう。


気を取り直して、お次は椿ちゃんの過去編。
アニメのみ視聴で原作未読、って人はネタバレになるので気をつけるべき。



アニメのOPにもちょっとだけ登場してましたね椿ちゃん。
声優は誰になるんだろうなー気になるなー(棒)
(いやホラ、ケメコデラックスみたいな例もあるし…)

彼女が他人の視線を怖がるようになった原因が明かされましたが、
親が日本人なのに金髪碧眼、ってのが珍しいっていうのも一因なんでしょうけど
単純に美少女だったからじゃない?と思ってしまったり。
後ろ姿しか見えなかったけど、あの着物姿とか絶対可愛いに決まってるわ!

まぁ原因の真相がどうであれ、彼女が他人の視線を怖がるようになってしまったのは事実な訳ですが、
それに対する小平先生のフォローや指摘が完璧過ぎる。

初登場時のガクブルっぷりから、気弱で大人しい子、ってイメージがついてましたが、
よく考えたらチモシー状態で喋ってる間は、愉快で小粋なトークかましてたもんなぁ。
ネトゲでもノリノリな言動で会話してましたし、中身は想像以上に愉快な子である予感が。

それを人前で出せるか、っていうのはまた別問題ですが、大丈夫だ椿ちゃん。
ちょっと変わった君ですら違和感なく溶け込めるのが幸福クラスだから。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する