空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

きららフォワード > 『まんがタイムきららフォワード 2016 9月号』購入

『まんがタイムきららフォワード 2016 9月号』購入

IMG_1983.jpg
ハナヤマタのBlu-rayBOX、かなり惹かれるなぁこれ。
当時BSでの放送が無くて、低画質のネット配信でしか見ることが
出来ずに涙を飲んだ日々にリベンジしたい……

百合百合した作品が増えつつある中で、野郎が主人公の作品が
どんどん減っていきますが、これも時代の流れなのかな…
世の需要ってのは理解できますが、雑誌としてあまり極端に偏られてもなと思ったり。


・なでしこドレミソラ
「香乃のこと大好きだから皆に演奏聴いてもらいたい」って
イマイチ理由になってないような……
その後の「一緒に演奏したい」ってのが本音だとは思いますが。

この回だけだと香乃の本音がわからないので何とも言えないなぁ。
美弥は恐怖心さえ克服できれば、的なことを考えてるようですが、
そもそも香乃自身、ホントはみんなの前で自分の腕前を披露したいの!
って考えてるのかどうかもわからないし……

黙々と自分の技量を磨いてそれに満足するってのも、楽器との
付き合い方としてはアリなんじゃないかなーとか考えてしまう。
まぁ自分、楽器やったこと無いのであんま偉そうなこと言えないのですが。

とはいえ1話扉絵を見るに、メンバーに加わることは既定路線だと思うので
大勢の前だとプレッシャーで気絶しちゃうような子を
仲間に引っ張り込むだけの納得できる何かを見せてくれることを期待したいなと。


・双角カンケイ。
奇しくも同じ人を好きになった女の子2人、勝負でしょう。
どっちの主張も朝霧先輩の気持ちを無視した身勝手な言い分なのですが、
この作品に道義的な正しさなんか求めていないので別によろしい。

秘密を知られながらも「話したかったら話せばいい」とハッタリかます
あいりですが、何か秘策でもあるんだろうか?
彼女の思惑がどうであれ、ここみさんを精神的に追い詰めすぎると
反動が怖い気がするので、一撃で心をへし折るような決定打で勝負を決めないと。


・ほおばれ!草食女子
だが待ってほしい。
スズのファッションセンスが改善されてリア充化してしまったら、
ちゆのアドバンテージが何も無くなってしまうんじゃないだろうか。
友達やら彼氏やらが出来ちゃった日には、気軽に部屋にも遊びに行けなくなるだろうし。


・ゆるキャン△
こんなしくじりもまた旅情なり、ってヤツですな。
アクシデントも笑って話せる相手がいるのはいいことよね。
そして今回も犬ノルマ達成。


・あんハピ♪
よし、レンとぼたんのストレッチのシーンを早急にドラマCD化しよう
Blu-ray最終巻の特典にギリギリ間に合わせる方向で調整してほしい。
やましい気持ちなど微塵も無く、純粋にストレッチについて学びたいだけなんです!

アニメではちょこちょこ描かれていたレン×ぼた要素、
ここへきて原作でも本格的に取り入れてくるとは。
アニメからの逆輸入なのか、あるいは既定路線だったのかはわかりませんが
(「でりしゃす」は間違いなく逆輸入だとは思いますが)
面白くなるなら自分としては何でもいいです。

実際この2人、中性的な麗人と儚げなお嬢様という、とても絵になる組み合わせなんですよね。
百合的な要素を抜きにしても、レンは響以外の子と絡むことで、いろんな表情を見せてくれそうですし。
代償に響の心がどんどん曇っていきそうですが

雲雀丘瑠璃さえ屈服させれば もう響たちの勝利かと思っていた・・・
だが 甘く見ていた!この学園の中で本当にやっかいなのは
雲雀丘でも点目女でもなかった! 真に恐ろしいのは・・・・・・!!
この三つ編み女の方だった!

(背後に┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨という文字を出現させつつ)

冒頭のお姫様抱っこの時点では涙目になりつつも
ピーピー騒ぐ余裕もあったみたいですが、ストレッチのシーンでは
ジェラシーゲージが完全にレッドゾーンに突入していた模様。
家に帰ったあと泣きながら身長とバストアップの方法を調べてそう。

たぶん読者全員が気になってることだと思いますが、響の妙に芝居がかった
古風な喋り方は、いつ頃から身につけたものなんだろう?
「民草」なんて言葉を目にしたの、『蒼天航路』読んだ時以来だよ……
少なくとも人生において一度も口に出して言う機会は無いような気がする。

こうして書いていてもとりとめが無くなるくらいに
見どころ盛りだくさんな回でしたが、やはり自分としては
ヒバリが響達にクッキーをプレゼントしたシーンが最高だったなと!

素直じゃないけど相手のいい所はちゃんと認める響の
「……っ な、なかなかやるではないか」という不器用な賛辞と
照れながらも「あ、ありがとう萩生さん」と答えるヒバリがね!もうね!
やっぱり俺はこの2人の距離感というか不思議な関係がすげー好きなんだなと再確認した次第。


そしてヒバリ×響と言えば、Blu-rayの第二巻ですよね(自然な流れ)
IMG_1984.jpg
これでヒバリ&響のバニー姿がもう一度拝めるうえに、
BSでほぼモザイク状態だったお花畑が遂に完全な姿で観られるぞ!
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する