空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

少年シリウス感想 > 『少年シリウス 2017 5月号』購入

『少年シリウス 2017 5月号』購入

IMG_2454.jpg
遂にマトモな表紙デビューを飾ったリューズさん。
以前のは他作品とごちゃ混ぜな感じだったからね…

「おじさんのゼンマイを巻いておくれ」はいつか使ってみたい日本語。

IMG_2455.jpg
ワタクシこういう読み切り小冊子付録って大好きなのですが、
新連載獲得コンペを読者に委ねちゃえ、などという重たい企画に読む手が震えます。
今まで読んできた数々の付録も、明言されてないだけで
そういう趣旨の企画だったのかもしれんけども。

3つとも良かったのですが、個人的な好みで言えば『魔女狩りの石の塔』かなぁ。
胸に芽生えた小さな違和感と気高い想いは、世界と対峙したときにも
折れず曲がらず抱えていられるものなのか、ってのは見てみたい。

あともう一つの見どころが、美景さんのナイスおっぱい(←超重要)
と言うかあんな優しくて可愛くてたわわな幼馴染、世界と天秤にかけても余裕で幼馴染に傾くわ!
あんなSSRランクの美少女と出会えた時点で、あとの人生オマケみたいなモンだろう!?死ぬ気で守れぃ!

話が明後日の方向に飛びましたが、続きが気になるってのは本当です。
とはいえ他の2つが劣っていたとかそういう訳ではないので、どうにか3つ全部連載にならんじゃろうか。


・ウルトラジャーニー
ヒナちゃんめっちゃいい子じゃないか……
そりゃこんなステキ幼なじみとサヨナラせざるを得ないとなれば
ナタ君も「こんなに苦しいのなら、愛などいらぬ!」と絶望するわな。
バカだけど面倒くさいのだ思春期男子は。

新キャラのモチーフ、ピグモンだと思ったらガラモンだったでござる。
1話の扉絵でフーセン持ってたからてっきり……

あちこちに描かれてるモブや小動物が可愛いくアレンジ効いてて良いなぁ。
あの黒ずくめの子(ドラキュラス?)もぜひ仲間に加えてほしい。

逆にバードンはめちゃくちゃ禍々しい感じで、たとえ元ネタ知らない人でも
一目でヤバいと分かりそう。助けてゾフィー兄さん!


・マクロスΔ
前回ミラージュさんをケアして、とか書いてしまったけれど
むしろミラージュさんがハヤテくんを励ます立場であった。

そうだよな、イマイチ頼りないから忘れがちだけど
パイロットとしてもずっと先輩だもんなミラージュさん。
そんな人に主人公の御守りをさせようだなんて思ってしまった自分が恥ずかしい。

うん、ミラージュさんならこの先ずっと独りでも大丈夫だな


・君死にたもうことなかれというなかれ
デスペラード号ぉぉぉぉーーーーーッ!?
別に特別バイクが好きとかそういう訳ではないのだけれど、
昔からメカがボロボロにされてる描写に弱くて、ものすごく痛ましい気持ちになる。

一応、理解してほしいとは思ってたのね蛍さん。


・進撃の巨人 Before the fall
俺、ぜったいあの子らの誰かが密告したりして裏切ると思ってたんだ…
前髪パッツンと細目の男とか見るからに怪しいわ、とか疑ってたけど、みんないい子達ばっかりだった。

ローザさんのキュクロへのほのかな思い、微妙にフラグっぽい気がしないでもない(悪い意味での)


・嶌国のスバル
誰でもいいから将が率いていたら、あぁも容易く陽動には引っかからなかったろうに…

敵兵を捕虜にして云々ってのは、もう少しデカい勢力になってからじゃないと
裏切りが怖くて使えそうにないよなぁ、なんて思ったけど、そもそも皇子様にその気がなかった。


・おおきな、のっぽの、
ロリ時代の蛍めっさ可愛い!
いや、今でも年齢的にはロリにカテゴライズされてるんだけど、まぁ、うん?

赤井君はショタ好きには今と昔どっちのキャラのがウケるんだろう……
というか君らこんな時代からトライアングラーの萌芽を!


・転生したらスライムだった件
なるほど、前回ベニマル達にイマイチやる気が無かったのは
「こんな雑魚をいくら屠っても、毛ほども弔意は表せない」的な心境だったのね。

とはいえ肝心の黒幕であるゲルミュッドがビックリするくらい小物だったので
仮に自身の手で討ち取っても、気が晴れたかどうかかなり微妙なトコだったろうけれども。

つーかゲルミュッドさん初登場時は大物っぽい感じだったのに、終わってみれば
何一ついいトコ無く退場していったな……敵わぬまでもリベンジ狙いの
イチかバチかで「俺を食えゲルド!」とかうそぶいて散るならまだカッコよかったのに。

まぁ一個だけ憐れむべき点があるとするなら、シオンさんのエンジェルスマイルを
マトモに直視してしまったことだけには同情したい。
アレは怖い。誰でも心が折れるというか、イヤでも「あ、俺死ぬんだな」って自覚しそう。

でも一部のMっ気のある読者にとってはたまらんよねあの笑顔。
つまり俺にとってもご褒美以外の何物でもなく、ありがたやありがたや。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する