空にかけたる 二次の夢

ひたすら気の向くままに 日記もしくは雑文を記していく場所です。マンガやゲームの感想を垂れ流していけばいい(俺が)

スポンサー広告 > 『まんがタイムきららフォワード 2018 6月号』購入
きららフォワード > 『まんがタイムきららフォワード 2018 6月号』購入

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

『まんがタイムきららフォワード 2018 6月号』購入

IMG_3309.jpg

「はるかなレシーブ」のアニメも、いよいよ放送日が近づいてきましたね。

・・・あの、自分ちょっとしたアイデア思いついたんスけど、いいスかね?
以前100号記念で、なる、ゆき、はなこのアニメ化作品の3人で表紙を飾ったことあったじゃないスか。
あれをもう一度やってみてはどうでしょうかと提案したい訳でして。ええ、はい。

メンバーは久米川牡丹、大垣千明、トーマス・恵美理の3名でお願いしたい。
あえてメインヒロインを外すことで、そうかこの雑誌はメガネキャラに優しいんだな、
ないがしろにしてないんだなと、アピールできる大チャンスだと思う訳ですよ

つまり何が言いたいかと言うとですね、『きららファンタジア』にハナヤマタが
参戦したのに、マチさんがいないってのはどういうことなのかと問い詰めたい。


・ゆるキャン△
お姉ちゃん追跡してるのかと思ったら、そういう訳でもないのね。
5分おきくらいでスマホチェックしてそう。

なでしこ旅先をガッツリ満喫してるなー。
一人でも楽しめるってのはある種の才能だと思う。


・ライター×ライター
無事脱稿。
でもこれ、あくまで脚本という土台が完成したってだけであって
今後また勝手に弄られる可能性があるのでは・・・
OA見て「・・・え?」とかいう展開があったりして。
一度手を離れたからにはそう簡単に修正要求もできないだろうし。

共同作業とは言え仕事をやりとげたことで、カエデも自信を
取り戻したようですが、最後の引きがどう考えても不穏すぎる。
間違いなく鉄火場に放り込まれるパターンだこれ!!


・なでしこドレミソラ
勇気を出して踏み込んだら地雷を踏み抜いたでござる。
読んでて「美弥さんそれ以上はアカン!ステイステーイ!!」と止めたくなるような回でした。

美弥自身に全く悪気はなくて、むしろ気持ちを察することで
歩み寄ったつもりなんだろうけど、里歩にしてみれば
上から目線の説教にしか聞こえないだろうし、そもそも
「そんな自分の気持を理解されること自体が屈辱」とか思ってそう。

何より不幸なのが、里歩自身も自分に芽生えた感情が醜いものだと理解しているのがなぁ。
しかもそんな感情を喚起させたのが、かつて「自分と同じかもしれない」と
シンパシーを感じていた女の子だってのが、さらに問題の根を深くしていてもうなんて言ったらいいのか・・・

おそらく人生で初めて、ここまで明確な拒絶の意思を向けられたであろう美弥さん、
だいぶ打ちひしがれていましたが、たぶん里歩の方も自分の放った言葉が自分自身を苛んでいそうなのが辛い。
(少なくとも「言ってやったぜザマァみろ!」と思うような子では無いと思う)

だがこれでいい。
前の感想で書いたように、この2人にはとことん面倒臭い関係になってほしいと
思っていたので、2人には申し訳ないけど「面白くなってきやがった」という本音を隠しきれない。

誤解のないように言うと、別に「女の子が不幸になる話が見たい」とかそういう訳ではなくて。
今までの「和楽器って楽しいなぁ みんなみんな良い人だなぁ」な展開もそれはそれで良かったですが
そこからさらに一歩踏み込んでくれるなら、こちらとしては大歓迎と言うか。

そもそも里歩のキャラデザ自体、かわいいけど素っ気ないデザインと言うか
メインの4人のように、「この子達を好きになってほしい!」感が前面に出ていないように感じられるので。
何だったら逆に「そう簡単に理解されたくないです」とでも言うような頑なさを醸し出してるような気すらしますし。
安易に「めっちゃすこ!」とか言えない分、だからこそ惹かれてしまう何かがあって、正直いま一番気になるキャラかもしれません。

ただ気がかりなのは、里歩というキャラもこの展開自体も含めて、今のナイーブな読者に受け入れられるかどうかが
おおいに心配ですが、願わくば変に阿るようなこともなく2人の結末を納得いくものに仕上げてほしいです。


・江波くんは生きるのがつらい
アオリ文通りのすれ違いすぎる回。
宇家さん怒るどころかスゲー真面目に答えてくれるんだなとか関心してしまった。


・にじいろフォトグラフ
陸斗くんええ子やん!(単純)
そもそも悪い子ではなかったけれど。


・まんが家Cherry!
春香さんオメデトオォォッっ!!

・・・今回が最終回じゃなければ、もっと喜べたんだけど。
良い作品なんだけどなー厳しいなー現実。つらい。

成長した春香の仕事場の本棚に並んだやよい&アイのコミックスを見て
この子らにも紆余曲折なドラマがあったんだろうなーとか、
鳥羽くんがあれだけ成功しちゃうと掲載誌にも影響出そうだよな、とか
最後に登場したナイス眼鏡なももかさんの活躍がもっと見たいとか
(コミックスでちょっとだけ見れますが)
いろいろ思うところはあるものの、〆方としては理想的な最終回だったのではないかと。


・あんハピ♪
もこもこぼたんさん可愛すぎか。
脱いでも着込んでも可愛いとか、もはや生命として究極に死角なしと言うか
あるいはぼたんさん、存在自体が宇宙そのものなのでは?(真顔)

きっとあのコートもメチャクチャ高級な素材なんだろうな・・・
羽毛(かどうか知りませんが)の素材に使われた動物が羨ましい。
俺も転生したら久米川家御用達の動物になって毛を刈られたい。
このさい内部じゃなくて外気に触れる側でもいいから!
たとえワンシーズン限りの出番でも全力で奉公したい所存。

ヒバリが怖い話に怯えていたのは、本当に苦手ってのもあるだろうけど
家に帰ったら一人きりっていう環境も関係してるのではないかと。
普段は平気でも意識しちゃうと怖くなるって感覚は理解できますし。
・・・椿ちゃんに防犯用ミニチモとか貸してもらえないもんだろうか。

そして噂の「さゆちゃん」こと久米川小百合さん遂に登場。
思ったとおり、いや思った以上にお姉ちゃん過激派な妹だった・・・
巧みな変装スキルといい(アニメにも出てたメイドさんですよね化けてたの)
はなこにすら気づかれない気配遮断スキルといい、相当な忍者スキルの持ち主のようで。
と言うか『あんハピ♪』ヒロイン達は何かと物陰に隠れるの好きすぎじゃないですかね。

お姉ちゃんへの愛が溢れすぎてちょっと暴走気味ですが、
まぁ(彼女にとって)ポッと出の子たちにお姉ちゃんを任せられるか!と
警戒してしまうのは無理もないのかなと。
ケーキはあれ食べたかった訳ではなくて、毒味のつもりだったんだろうなー。
でもさゆちゃん、その二人よりもお姉ちゃんの通学先のほうがはるかに物騒なんだぜ。

ぼたんが珍しく怒ったシーンで、ちゃんと二人のことを
「友達です」って胸を張って言えるようになっていたことに成長の証と
揺るぎない絆を感じてちょっと泣けました。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。